アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入はこちらからどうぞ!!
***メタボリック(血圧、血糖値、コレステロール値、中性脂肪、肥満)が気になる方のためのサプリメント***

イカやタコ(タウリン)が心臓発作を予防!?

 栄養ドリンクなどで馴染みのタウリンには、心臓発作などの冠動脈心臓病を予防する作用があるようです。

 高コレステロール値の女性で、血液中のタウリンは冠動脈心臓病を防ぐ作用があるようだと、新しい研究は示しました。

 タウリンはアミノ酸の一種の天然栄養素です。イカ、タコ、ホタテ、カキなどの魚介類や家禽類のもも肉に多く含まれます。また体内でアミノ酸のメチオニンやシステインから生成されます。

 タウリンは、動物の研究で、コレステロールの吸収をさまたげる胆汁酸結合、血圧の調節、抗酸化および抗炎症の作用をもつことが示唆されていました。

 この研究は、初めて、人間の前向き研究データの基づいて、血液中のタウリンと心血管疾患との関係を示しました。

 米国のニューヨーク大学(NYU)医学部の准教授のユー・チェン(Yu Chen PhD MPH)氏らの研究が、European Journal of Nutrition誌電子版に2月10日付で掲載されました。

 「タウリンに関する情報は非常に少ない」とチェン氏は言います。

 「今回の結果は非常に素晴らしいものです。タウリン、少なくとも天然型のタウリンは、高コレステロール値の女性で有意な心臓保護効果があると示している」と述べています。

 この研究は、心筋梗塞(心臓発作)や狭心症のような冠動脈心臓病に対するタウリンの効果を調べ、血液中のタウリンの高濃度は、高コレステロール値の女性の冠動脈心臓病のリスクの低下に関係することを明らかにしました。

 冠動脈疾患は、心臓へ血液を供給する血管が狭窄することで引き起こされます。大規模前向き研究が、冠動脈心臓病のリスクの改善には栄養的要素が重要であるというエビデンスを示しています。

 この研究チームは、34〜65 歳の 1万4千人以上の女性が登録するNYU女性健康研究を使用しました。血液中のタウリン濃度は、登録時の1985 年に採血された血液サンプルで測定しました。

 1986 年から 2006 年までの追跡期間に、 223 人が心血管疾患を発症するか、これが原因で死亡しました。

 研究者は、これらの女性の血液サンプルと、同時に採血されていた心疾患歴のない 223 人の血液サンプルで、タウリン濃度を比較しました。

 結果は、全ての女性の冠動脈心臓病を防ぐわけではないと示しました。

 女性を血液中のタウリン濃度で3グループに分けて比較すると、この濃度が高くなるほど冠動脈心臓病の発症か死亡のリスクが低下しましたが、統計的有意ではありませんでした。

 しかし、高コレステロール値の( 250 mg/dLを超える)女性に限ると、血液中のタウリン濃度が高いグループは、低いグループと比べて、冠動脈心臓病の発症か死亡のリスクが 61 パーセント低下したのです。

 しかし、コレステロール値が低い女性では同様の関係は認められませんでした。

 さらにこのデータは、血液中のタウリン濃度が高いほど、糖尿病および高血圧のリスクが低下するという潜在的関連も示しました。

 「今後の研究でこの結果が再現されれば、高コレステロール値の女性に対して、冠動脈心臓病の予防のためにタウリンをサプリメントか食事から摂取することが推薦される日がくるかもしれない」とチェン氏は言います。

 この研究では 8 割が白人女性でした。今後の研究で、男性や他の人種でも同様の関係がみられるか調べる必要があります。

 また、この研究では血液中の天然タウリンとの関係を調べました。

 「タウリンは栄養ドリンクやサプリメントに加えられています。しかし合成タウリンを食物や飲料に添加することが、この研究と同様の効果をもたらすかどうかは明らかではありません。別の研究が必要だ」とチャン氏は言います。

 この研究チームは、現在、タウリンと脳卒中の関係を調べています。

3/1/2012

関連:心臓の健康コレステロールが気になるタウリン

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2012 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク