アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入はこちらからどうぞ!!
***メタボリック(血圧、血糖値、コレステロール値、中性脂肪、肥満)が気になる方のためのサプリメント***

アロマ(香り)が知力を向上させる!?

 特定の香りが漂う部屋で仕事や勉強をすることで、そのパフォーマンスを向上させることができるかもしれません。

 ローズマリーのアロマオイル(精油)の刺激性で樟脳(しょうのう)のような香りは、幸せな気分にすることはないかもしれませんが、知的作業の速度と正確さを向上させるようだと新しい研究が示しています。

 鼻などの粘膜を通して吸収されたローズマリー精油の主成分の血液中の濃度が高くなると、知力テストの成績が向上することを発見したのです。

 ローズマリー(Rosmarinus officinalis)は西洋の伝統的な生薬の一つで、エッセンシャルオイル(精油)としても使用されます。

 ローズマリー精油は、ごく一般的で、容易に入手可能です。アロマセラピーでは、その刺激性の香りは、記憶力や注意力など脳機能の向上、神経の強化に役立つといわれます。

 イギリスのノーサンブリア大学脳性能栄養研究所のマーク・モス(Mark Moss)氏らが、Therapeutic Advances in Psychopharmacology誌電子版に24日付で発表しました。

 ローズマリーは、古代からその医学的効果を称賛されてきたハーブ(西洋の生薬)の一つです。しかし「このような植物が、正確にどのように人間の行動に影響するかはまだ明らかではない」とこの研究者は言います。

 この研究では、ローズマリーの主な化学成分の一つの「1,8-シネオール」の薬効薬理を調べるための実験を行いました。

 20人の人々が、様々な濃度のローズマリーの芳香が拡散された小部屋で、計算や視覚情報処理のような一連の認知機能テストを受けました。

 このテストの前後に気分を評価し、テスト終了時に採血して血液中に吸収された「1,8-シネオール」の量を測定しました。

 そして、「1,8-シネオール」の血中濃度と、認知力テストにおける速度と正確さ、さらに情緒または気分の変化との関係を調べました。

 この研究結果は、初めて、人間で、血液中の「1,8-シネオール」濃度が高いほど認知機能が向上することを示しました。

 速度と正確さの両方が向上したことは、この関係は速度と正確さのレードオフではないと示しています。

 同時に、あまり明確ではありませんでしたが、この物質はさらに情緒または気分にも影響しました。

 「1,8-シネオール」の血中濃度が高いほど、充実感または満足感が低下するという逆相関がみられました。

 しかし、通念に反し、この精油は、注意または敏捷さを向上させるようには見えませんでした。

 「これらの結果は、ローズマリー精油から放出された化合物が、異なる神経化学経路を通って、主観的な状態および認知能力に影響すると示唆する」とこの研究者は述べています。

 「1,8-シネオール」のようなテルペンは、鼻または肺の粘膜から血流に入ることができます。さらにテルペンは、小さい脂溶性の有機分子として、容易に脳血管関門を通過することができます。

 脳を保護するために、脳へ供給される血流の成分は脳血管関門によって制限されます。テルペンは脳まで届くことができます。

 「ローズマリー成分は、脳内の神経伝達物質のアセチルコリンの分解を防ぐようだ」とこの研究者は説明します。

 揮発性「1,8-シネオール」は既に多くの研究で調べられており、幾つかの研究が、脳と中枢神経系で重要な、アセチルコリンエステラーゼや偽コリンエステラーゼ酵素を抑制すると示しています。

 この成分は、ローズマリーの他にも、ユーカリ、月桂樹、セージ、ニガヨモギなど多くの精油に含まれています。

 「この成分は、気分を向上させないが、肯定的気分が認知機能を向上させるようだ」とモス氏は語っています。

 「通常はローズマリー精油の35-45パーセントを占める『1,8-シネオール』が、直接の薬理学的特性を所有するようです」。

 「しかし、検出された血中濃度は、単に、ローズマリー精油の他の活性成分の相対的レベルを示すマーカーである可能性もある」と言い足しています。ローズマリー精油の主な有効成分として知られるロスマリン酸やウルソル酸は血液中にかなり低濃度で存在します。

 この結果はまだ結論に至るのもではなく、さらに研究が必要です。

 しかし、あなたがローズマリーの香りが好きならば、これを利用しない理由はありません。ローズマリーは薬草として昔からずっと使用されています。少なくとも短期の使用で、有害な作用があるという報告はありません。

 部屋に精油を拡散させ芳香させる場合は、ほのかに香る程度にとどめ、あまり強い香りにならないように注意してください。強い香りは頭痛や不快感につながる場合があります。

2/27/2012

ローズマリーの精油はこちら

関連:記憶力、物忘れが気になる、脳の健康

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2012 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

生活の木 Herbal Life Organic ローズマリー・シネオール 3ml







ローズマリーの精油 、生活の木Herbal Life Organic

*
スポンサード リンク