アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入はこちらからどうぞ!!
***メタボリック(血圧、血糖値、コレステロール値、中性脂肪、肥満)が気になる方のためのサプリメント***
***トマトジュースとリコピンのサプリメント***

トマトジュースが中性脂肪を減らす!?

 トマト、特にトマトジュースに含まれる成分に、肝臓と血液中の脂肪の燃焼を促進し、中性脂肪を減らす効果があるかもしれないと、京大の研究グループが発表しました。

 この研究者は以前の研究で、生のトマトに含まれる「9-oxo-ODA」と呼ばれる成分に脂肪燃焼を促す作用があることを発見しました。

 今回の研究では、トマトジュースに含まれるトマト由来機能物質である「13-oxo-ODA」が同様の脂肪燃焼を促す作用をもち、肝臓や血流中の中性脂肪を減らすことを動物の研究で示しました。

 京都大学大学院農学研究科の河田照雄(Teruo Kawada)教授らが、PLoS ONE誌に10日付けで発表しました。

 過去の多くの研究が、トマト製品、特にトマト・ジュースに、肝臓の脂肪代謝を改善する様々な天然物質を含むことを示しています。しかし、この効果に関与する実際の生物活性化合物および分子メカニズムは不明でした。

 この研究者は昨年、生のトマトに含まれる成分 (9-oxo-ODA) が、脂肪の燃焼を促進するエネルギー代謝の活性化に関与するペルオキシソーム増殖因子活性化受容体α(PPARα)の作動薬であることを示しました。

 トマトの9-oxo-ODA が、マウスの培養肝細胞 でPPARαを活性化し、中性脂肪の蓄積を減らしました。

 中性脂肪は肝臓で食事で摂取した糖質や脂肪から合成されます。

 この研究チームは 9-oxo-ODAの異性体の「13-oxo-ODA(13-oxo-オクタデカジエン酸 )」を含むトマトジュースのような加工食品を開発しました。「13-oxo-ODA」は生のトマトには存在しないということです。

 今回は、「13-oxo-ODA」も 肝臓でPPARα作動薬として働くことと、その結果として脂肪の燃焼を促し脂質異常症と肝臓脂肪症の改善に役立つことを、動物の研究で示しました。

 「13-oxo-ODA」は、9-oxo-ODA や共役リノール酸(13-oxo-ODAの前駆物質で、有名な脂肪燃焼成分)と同様に、肝臓のPPARαを活性化することを確認しました。

 肥満のネズミ(マウス)を3グループに分け、4週間、「13-oxo-ODA」を高濃度か低濃度で混ぜた高脂肪のエサか、この物質を含まない高脂肪のエサを与えました。

 高濃度の「13-oxo-ODA」を含むエサを食べたネズミは、含まないエサを食べた場合と比べ、血中と肝臓の中性脂肪量が統計的有意に約 30 パーセント減少しました。

 この結果は、人間で言えば「脂質異常症が正常値に戻った」ということだと、この研究者は述べています。

 血糖も約 2 割低下しました。

 「13-oxo-ODA」の摂取量が増えるとこの効果が増すようでした。

 しかし、体重と体脂肪への影響は認められませんでした。これは期間が短かったためだろうと説明しています。

 この実験の高濃度の「13-oxo-ODA」は、人間に換算すると、1日当たりトマトジュースで約 600 ミリリットルを飲むことに相当するということです。

 人間を対象した研究で確認される必要がありますが、この成分は、肝臓脂肪症や高中性脂肪血症などの脂質代謝異常の改善、あるいはメタボリックシンドローム対策のためのサプリメントなどへの応用が期待できるかもしれません。

生のトマトも 9-oxo-ODA を含むので、同様の効果が期待できるかもしれません。

2/10/2012

関連:中性脂肪値が気になる

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2012 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク