アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入はこちらからどうぞ!!
***メタボリック(血圧、血糖値、コレステロール値、中性脂肪、肥満)が気になる方のためのサプリメント***
***ダイエット中の方のための食品&サプリメント***

歩くことがチョコを食べる量を半減!?

◎ストレスが多くて甘い物が我慢できない? 何とかしたいなら、少し歩いてみましょう。たった15分間元気に歩くことで、チョコレートを食べる量が半分に減ったという研究結果が報告されました。

◎ストレスの多い職場のような環境にいる場合でも、短時間の活発な運動をすることで、合間に食べるチョコレート量をいつもの半分にすることが可能であるようです。

◎運動は気分を改善し活力を高める作用があることが分かっていますが、さらに欲望を制御するためにも役立つようです。

◎イギリスのエクセター大学の運動健康心理学の教授のエードリアン・テイラー (Adrian H. Taylor)氏らの研究が、Appetite誌2012年2月号に掲載されました。

◎「オフィスで働く人々は、デスクから離れてちょっと歩くと、間食への欲求が減ることが分かるだろう」とテイラー氏は言います。

◎この研究チームは、以前の研究で、運動がチョコレートへの渇望を抑制することを示しています。今回の研究では、初めて運動が実際に摂取量を減らすと示しました。

◎この研究では、78人の習慣的によくチョコレートを食べる人々(平均25歳)に、2日間チョコレートを食べずに過ごしてもらった後、模擬の職場環境に入ってもらいました。

◎人々を無作為に4つに分け、事前の運動の有無およびストレスの大小を組み合わせた4つの異なる条件下で、デスクで座って行うコンピュータ上の作業をしてもらいました。

◎2グループは、まず全員に、15分間、ルームランナー上を早いペースで活発に歩いてもらい、次に、ストレスの小さい作業か、要求の厳しいストレスの大きい作業を完遂するように依頼しました。

◎残りの2グループは、運動はしないで静かに休息してもらい、最初の2グループと同様に、一方はより簡単な作業を、もう一方にはより難しい作業をしてもらいました。

◎全員のデスクの上にはチョコレートが入った容器がおかれ、仕事中も自由に食べることができました。

◎作業をする前に運動をした人々が食べたチョコレートの量は、運動をしなかった人々のおよそ半分であることが分かったのです。チョコレートの摂取量は平均で約15グラムに対して28グラムでした。通常の市販の板チョコは 1枚が約60グラムです。

◎仕事のストレスレベル違いは、チョコレートを食べる量に影響しませんでした。これはストレスが甘いおやつを食べる欲求に影響しなかったと示しています。

◎運動は人々の感情的活力を高めましたが、これもチョコレートの摂取量に影響しませんでした。

◎「職場でチョコレートのような高カロリーのおやつを食べることは、無分別な習慣となって、体重の増加につながる場合があることが分かっています。おやつは活力を高め、退屈を含む仕事のストレスを低減するために役立つと感じる場合も少なくないでしょう。甘いものを食べるのを我慢することが難しいのは分かる」とテイラー 氏は語っています。

◎「しかし、この研究は、短時間歩くことで、その摂取量を半分に制御できると示している」と言います。

12/8/2011

関連:ダイエット、減量ストレス

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク