アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入はこちらからどうぞ!!
***メタボリック(血圧、血糖値、コレステロール値、中性脂肪、肥満)が気になる方のためのサプリメント***
***レスベラトロールのサプリメント***

老化予防で注目の赤ワイン成分は、人間の健康全般を改善する!

◎赤ワインに含まれる抗酸化ポリフェノールのレスベラトロールは、老化を遅くする成分として注目されています。これは、今のところ、長寿遺伝子とも呼ばれるサーチュイン1(Sirt1)を活性化することが分かっている唯一の成分です。

◎初めて、人間の臨床研究で、比較的少量のレスベラトロールを継続的に摂取することが、代謝に良い作用をもち健康全般を改善ようだと示唆する結果が示されました。

◎この効果は、Sirt1を活性化し老化を遅らす作用があると考えられている厳しいカロリー制限ダイエットに匹敵すると言います。

◎レスベラトロールは、代謝を下げる(つまり身体が十分なエネルギーを生成するために必要な食物の量が少なくなる)とともに、肝臓の脂肪、血圧、血糖値、中性脂肪値を下げることができます。

◎またこのポリフェノールは筋肉の脂肪燃焼率も高め、インスリン抵抗性を減らしました。これによって糖尿病やがんのような加齢関連疾患を予防できるかもしれません。

◎ただし、代謝効率が下がることは、肥満の改善や予防の観点からは必ずしも好ましいことでありません。

◎オランダのマーストリヒト大学のパトリック・シュラウェン(Patrick Schrauwen)氏らの研究が、Cell Metabolism 誌11月2日号に掲載されました。

◎レスベラトロールの「多くの小さい効果を発見しました。これらは代謝を改善すると一貫して指しています。この効果は非常に小さいものですが、肥満のような代謝合併症の人々に大変有効であるかもしれない」と、シュラウェン氏は語っています。

◎過去の動物の研究では、レスベラトロールはインスリン抵抗性を軽減し、高脂肪食の害から身体を保護すると示されています。

◎しかし、人間で、レスベラトロールの代謝効果を系統的に調べた研究はありませんでした。

◎この研究は、初めて人間で、レスベラトロールが臨床的に有意な作用をもつかもしれないという実質的なエビデンスを示しました。

◎このギャップを埋めるために、この研究では、11人の肥満だが健康な男性を無作為に2つに分けて、30日間、毎日、150ミリグラムのレスベラトロールを含むサプリメントか偽薬を摂取してもらいました。

◎そして彼らの消費エネルギー量、蓄積したか燃焼した脂肪量などを測定しました。

◎このデータは、カロリー制限と同じように、レスベラトロールのサプリメントはエネルギー消費を低下させ、代謝と健康全般を改善すると示します。

◎最高(収縮期)血圧を5mmHg 下げて、消費エネルギーを2〜4パーセント減らしました。

◎睡眠中と休息時の代謝率を下げました。「睡眠中の代謝率の即時の減少は特に著しかった」とシュラウェン氏は言います。

◎筋肉が脂肪を燃焼する方法を変えました。AMPKを活性化し、SIRT1およびPGC-1αタンパク質レベルを増加させて、クエン酸シンターゼ活動を増加やし、筋肉ミトコンドリア呼吸を改善しました。

◎肝臓内の脂質含量、血糖値や中性脂肪値、肝機能などの指標となる酵素のアラニン・アミノトランスフェラーゼ、および炎症マーカーを減少させました。

◎以上の結果から「30日間のレスべラトロールの摂取は、人間の身体に、カロリー制限の効果と同様の代謝変化を引き起こすようだ」とこの研究は述べています。

◎もちろん、肥満の人の場合は、カロリー燃焼の減少は、良い効果か悪い効果であるかは完全に明らかではありません。しかし、これは、カロリー制限を行う人々と同様に、この人々の細胞がより効率的に作動していたと示唆します。

◎「必要エネルギーが低下し必要な食事量が減少することは、生物学上から言えば健康的ですが、カロリーの燃焼が減少することは、肥満の人々にとって望ましいことではない」と、この研究者は認めています。

◎レスベラトロールの代謝作用には、明白な副作用はありませんでした。

◎今回の研究は30日間でしたが「より長期の場合の作用は分かりません。代謝の変化は現れるまで時間がかかるので、効果がより大きくなる可能性はある」とシュラウェン氏は言います。

◎この研究で摂取した1日の150ミリグラムのレスベラトロールを赤ワインで摂取しようとすると、一晩にボトル13本以上を飲み干す必要があります。これはむしろ健康に有害です。

◎「レスベラトロールのサプリメントは既に市販されています。それらが肥満と加齢に関連した代謝異常を克服する可能性を持っているかどうかを検証するために、さらに研究が必要だ」とこの研究者は述べています。

◎この研究者は、肥満の人は2型糖尿病のリスクの高いことから、今回の研究対象としました。今後の研究では、既に糖尿病を発症した人々を対象にレスベラトロールの影響を調べたいと考えています。

11/8/2011

関連:赤ワイン、レスベラトロール

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク