アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入はこちらからどうぞ!!
***メタボリック(血圧、血糖値、コレステロール値、中性脂肪、肥満)が気になる方のためのサプリメント***

運動は、幹細胞を脂肪ではなく骨にして、血液の生産能力を高める!?

◎ジョギングのような運動を適度にするべき理由がもう一つ増えました。運動は、様々な細胞へと成長する幹細胞の一種が、脂肪ではなく骨の細胞になるように促すことを、新しい研究は発見しました。

◎身体の間葉幹細胞は、脂肪・軟骨・骨芽細胞などに分化する幹細胞ですが、従う経路によって、多くは脂肪か骨になります。

◎この研究結果は、ランニングのような持久運動は、この幹細胞が、脂肪ではなく骨になるよう促し、これによって身体の造血性能を高めて総合的な健康を向上させると示唆しています。

◎マクマスター大学のの運動科学部のジャンニ・パリーゼ(Gianni Parise)氏らの研究は、The FASEB Journal誌電子版に掲載されました。

◎「ランニングのような持久運動はまだきちんとは定義されていないが、強力な造血のメディエーターである」とパリーゼ氏は言います。

◎生後4週めのネズミを、血液生産に影響を与えるに十分な運動量として、10週間、週に3回、1時間未満のランニングをルームランナーを使ってさせました。そしてこの運動をさせなかったネズミと比べました。

◎この持久トレーニングは、細胞タイプによって50〜800パーセントまで、骨の髄質を増やし、造血幹細胞および前駆細胞含有物を増やしました。

◎さらに運動は、骨髄内の脂肪を78パーセント減らしました。

◎骨格筋の造血サイトカイニンも、トレーニングによって、60パーセント以上増加しました。

◎対照的に、運動をさせなかったネズミは、間葉幹細胞の多くが脂肪になる傾向がみられ、骨の骨髄の血液生産が損なわれました。

◎結論として、持久運動トレーニングは、骨格筋の造血サイトカイニン生産を増加させるとともに骨髄腔構造の改良を通じて、造血を非常に促進します。

◎パリーゼ氏は「興味深いことは、適度の運動プログラムが、有意に骨髄と血流中の血液細胞を増やすことができたことでした。これが示すことは、運動が間葉幹細胞のスィッチに作用するに十分で強力な刺激であるということだ」と語っています。

◎骨髄内の細胞構成は、血液幹細胞の生産性に重要な影響をもっています。

◎理想的な状態では、血液幹細胞は、免疫系を向上させ、酸素の効率的な取り込みを可能にし、傷口を凝固させる能力を高め、健康な血液をつくります。

◎骨の細胞は、血液幹細胞が血液をつくる環境を向上させます。

◎しかし、脂肪細胞が骨髄内を満たし始める時(一日中ほとんど身体を動かさないような座業的状態で一般的ですが)、血液幹細胞は生産性が低下し、結果として貧血を引き起こす場合があります。

◎「一部の運動の効果は薬剤介入に匹敵します。運動には、幹細胞に作用し、それらがどうのように分裂するかに影響する能力がある」とパリーゼ氏は言います。

◎「運動のメリット・リストは増加していますが、今回の結果はこのリストに加わります。今後、血液関連の病気の新しい治療法となるかもしれない」と語っています。

10/3/2011

関連:運動をする

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.
Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク