アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入はこちらからどうぞ!!
***美白のサプリメント***
***赤ワイン、レスベラトロールのサプリメント***

高血圧、糖尿病、喫煙、肥満は「脳を縮小、知力を劣化」させる!?

◎中年期に高血圧、高血糖値、肥満を予防するか改善し、禁喫煙することは、脳を守って、知力の低下を防ぐために役立つでしょう。

◎中年期の太り過ぎ、高血圧、糖尿病、喫煙のような心血管疾患のリスク要素は、10年後までに、脳を縮小を引き起こし、記憶力や計画と実行のような脳機能の劣化につながると、新しい研究は示唆しています。

◎心臓の健康に良いことは、脳にも良いと言われます。これらのリスク要素と運動習慣や健康体重、健康的な食習慣を含む生活習慣の改善は、脳を守るためにも役立つでしょう。

◎米国のカリフォルニア大学デービス校のチャールズ・デカーリィ(Charles DeCarli MD)氏らの研究が、Neurology誌8月2日号に掲載されました。

◎「これらの要素は、10年以内に、脳に体積を減少させて、推定の血管外傷に続発する病変を発症させて、計画と決定の能力に影響するようです。それぞれのリスク要素は異なったパターンで影響を脳に与える」とデカーリィ氏は語っています。

◎「この結果は、中年の人々で、早期にこれらのリスク要素を特定することは、認知症のリスクのある人々を検出して手遅れになる前に生活習慣を改善するように奨励するために役立つかもしれない」と続けます。

◎この研究は、平均年齢54歳の1,352人の前向き研究データを分析しました。この人々はフラミンガム子孫研究の登録者で、脳卒中か認知症の病歴のある人は対象から除かれました。

◎体重や身長およびウエスト周囲サイズ(腹囲)の測定に加えて、血圧、コレステロール値、糖尿病の検査を行いました。さらに脳のMRI検査を10年間にわたって行いました。脳のMRI検査は、最初の心血管疾患のリスク要因検査の7年後から行いました。

◎最初と最後のMRI検査の間に、19人が脳卒中を2人が認知症を発症しました。

◎中年期に高血圧であった人々は、正常血圧の人々よりも、白質超強度または小領域の脳血管損傷を発症しました。また、計画し決定し実行する能力である執行能力が急速に悪化しました。それぞれ実年齢より5年と8年も老化が進んでいました。

◎糖尿病の人々は、糖尿病でない人々よりも速いペースで、海馬の体積が小さくなりました。

◎喫煙者は、非喫煙者より速いペースで、脳の全体と記憶に重要な領域である海馬の体積が減少して、白質超強度も急速に増加する傾向がみられました。

◎中年期に肥満であった人々は、執行能力の低下速度が大きい方から4分の1に入っている場合が多い傾向がみられました。

◎腹部肥満を示すウエスト・ヒップ比が大きい人々は、脳の体積の減少速度が大きい方から4分の1に入っている傾向がみられました。

◎脳の構造変化は、記憶力と執行能力の衰退に統計的有意に関連しました。

◎過去の別の研究が、既に、中年期の高血圧や糖尿病、および喫煙が認知症のリスクの増加に関連すると示唆しています。

◎今回の結果は、これらのリスク要因が、どうのように脳に影響して認知症のリスクを増やすのかというメカニズムを理解するために役立つだろうと、この研究者は述べています。

◎中年期におけるこれらのリスク要素を改善することは、将来の認知症の発症率を低減するでしょう。

8/2/2011

関連:記憶力、物忘れが気になる、脳の健康血糖値が気になる高血圧、血圧が気になる喫煙

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク