アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入はこちらからどうぞ!!
***血圧、血糖、コレステロール、中性脂肪、腹部肥満 -- が気になる方のためのサプリメント***
***ストレスが気になる方のためのサプリメント***

太っている人は肝硬変のリスクが高い!?

◎太っていることは、飲酒習慣に関係なく、肝硬変のリスクを大きく増加させるようです。

◎太り過ぎと高い中性脂肪値は、それぞれ独立して、肝硬変のリスクをかなり上昇させると、新しい研究は示しています。

◎肝硬変では肝臓の正常な肝組織が破壊されて肝臓の機能が失われていきます。

◎肝臓の健康のためにも、正常な体重と中性脂肪値を維持することが重要です。

◎日本や欧米の研究で、太り過ぎや肥満と関連した非アルコール性の脂肪肝や肝炎(NASH) の増加が報告されています。脂肪肝は肝臓内に中性脂肪が過剰に蓄積された状態で、炎症や線維化が伴うと肝硬変へと進行します。

◎スウェーデンのシャルグレンスカ大学病院のイェジー・カチンスキ(Jerzy Kaczynski)氏らの研究が、 Scandinavian Journal of Gastroenterology誌6月号に掲載されました。

◎この研究では、50歳の855人の男性を最長40年間の追跡をしたデータを分析しました。

◎研究開始時には肝臓に異常のある男性はいませんでしたが、追跡期間に約2パーセントの男性が肝硬変の診断をうけました。

◎肝硬変の診断を受けた男性は全員、BMIによる判定で研究開始時に「太り過ぎ」であったことがわかりました。

◎肥満の程度を示す体格指数(BMI)では、25以上30未満は「太り過ぎ」または「過体重」に、30以上は「肥満」に分類されます。

◎一方、肝硬変の診断を受けることのなかった男性のBMIの平均は25未満でした。

◎分析結果は、肥満度(BMI)と中性脂肪値は肝硬変のリスク要因であると示しました。

◎影響する要素で調整後に、「太り過ぎ」の人々は、太っていない人々と比べて、統計的有意に肝硬変のリスクが27パーセント増加しました。

◎同様に、高い中性脂肪値をもつ人々は、正常値の人々と比べて、肝硬変のリスクが99パーセントの増加、つまりほぼ2倍となりました。

◎飲酒は肝硬変の発症に関係しませんでした。

◎しかし、「太っている結果として異常が生じて弱っている肝臓は負担に耐えられません。従って、酒量の多い人々は、太っているなら、より早く肝硬変を発症するでしょう 」とカチンスキ氏は語っています。

◎この結果は、中年男性で、過体重と太っている人々で一般的な高い中性脂肪値の両方が、他の要素と関係なく独立して、肝硬変のリスクの増加につながると示しています。

6/8/2011

関連:肝臓の健康中性脂肪値が気になる生活習慣病、メタボリックシンドローム

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク