アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入はこちらからどうぞ!!
***血圧、血糖、コレステロール、中性脂肪が気になる方のためのサプリメント***

30代40代はつらい?でも人生の幸福感は50歳から上昇し80代で最大に!

◎人生に対する満足は、早くも20代の終わりには低下し始めて、50歳まで上昇に転じることはないと、新しい研究は示しています。しかし50歳を過ぎると幸福感は増加し続けるようです。

◎「若い人々は呑気で将来に希望をもっていますが、50歳を超えると人生の試練と折り合いを付けるすべを獲得します。一方、この中間の年齢の人々は自分の人生の重圧に押しつぶされるように感じる」とこの研究者は説明します。

◎さらに「中年期の幸福感の大きな低下は、失業や家族を失うことに匹敵した」と言います。

◎多くの研究が、人生における幸福感は、若年期と高齢期で高く中年期で低い、U字型を示すと報告しています。これらの結果は、人生の幸福は50代になると上昇し始めて80代になってようやくピークに達すると示唆しています。

◎ベルギーのマーストリヒト大学のエメル・ホン・ランデヘム(Mr van Landeghem)氏が、英国王立経済社会学会の年次総会で今週発表します。

◎この研究チームは、人々が自分の幸福をどのように知覚するかを研究しました。

◎20代の終わりから低下し始めた「幸福感は、50歳を過ぎると年齢とともに戻っていきますが、高齢者は実際に若い精神を取り戻すことはありませんでした。彼らは、単に満足することを学んだのです」と30代を目前にした29歳のランデヘム氏は語っています。

◎「U型の幸福曲線は、65歳以上の人々が25歳の人生より今の方が好ましいと思っているとは必ずしも意味しない」と言います。「25歳と65歳の両方が、65歳より25歳の方が幸福だと思うかもしれませんが、それにもかかわらず、65歳は足ることを学んだことで、より満足しているのかもしれない」と言い足しています。

◎これまでの世界中で行われた研究が、幸福感は中年期に低下する傾向があると示しています。家族を養うことや仕事のストレスは中年の人々の人生の重圧となります。

◎昨年5月に Proceedings of the National Academy of Sciences誌に発表された米国の研究も、人生の幸福感はU字型を描くことを明らかにしました。約34万1千人の人々の調査データの分析から、人生の総合的な幸福感は、50歳から上昇へと転じて80代まで上昇し続けることを発見したのです。

◎50代になると、人々のストレス、不安、怒りのレベルは大きく低下して、一方で幸福と喜びのレベルが上昇しました。

◎年齢ともに感情を制御する能力が高まって、嫌なことを考えず人生の楽しみに集中する能力が増加するようだと、この研究者は述べています。

◎この研究では、今日の高齢者は、一昔前の高齢者と比べて、健康に恵まれてはるかに若々しく、活動的な毎日を送っていることも発見しました。

◎また別の研究によれば、平均余命の増加は、50代の男女の「生活の質」を大きく変えたました。50代の人々の多くが、自分をまだ若いと考えていて、若者の生活を模倣する快楽的ライフスタイルをとっています。

◎年をとるのも悪くないようです。50歳からの幸福を享受するためにも30代40代の健康管理は大切です。

4/19/2011

関連:ストレス

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク