アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入はこちらからどうぞ!!
***血圧、血糖、コレステロール、中性脂肪が気になる方のためのサプリメント***

地中海式食事法は優れた健康レシピ!!

◎53万人以上のデータを分析した研究が、地中海の島地域の伝統食に基づく地中海式食事法は、メタボリックシンドロームの予防と改善、およびその構成要素である腹囲、善玉(HDL)コレステロール値、中性脂肪値、血圧、血糖値の改善にも役立つ、優れた健康レシピであると示しています。

◎メタボリックシンドロームは心血管疾患のリスク要素の集合状態で、動脈硬化につながり、糖尿病と心臓発作や脳卒中のリスクが高い状態です。

◎地中海式食事法は、主にオリーブオイルとオリーブから得られる一価不飽和脂肪酸のオレイン酸、果物や野菜、全粒穀物、低脂肪乳製品を毎日食べて、週に数回は魚介類、家禽類、ナッツ類、豆類を食べて、牛や豚などの赤肉はたまにしか食べず、通常は食事と一緒に適度にお酒、主に赤ワイン、を飲みます。

◎この食事法を構成する個々の食物および食事全体が、心血管疾患を予防するために役立つ抗酸化、抗炎症の作用をもちます。

◎ギリシャのハロコピオ大学の栄養学部の准教授のデモステネス・パナギョタコス(Demosthenes B. Panagiotakos PhD)氏らの研究が、Journal of the American College of Cardiology誌3月15日号に掲載されました。

◎この研究では、合計で53万4,906人のデータを含む地中海式食事法に関する50の研究をメタ分析しました。35の臨床試験、 2の前向き研究、13の横断的研究が含まれました。

◎前向き研究と臨床試を結合した分析効果は、地中海式食事法への固守がメタボリックシンドロームのリスクの減少に関連していると示しました。

◎この食事法に固守している人々は、メタボリックシンドロームの長期のリスクが31パーセント低くなりました。

◎臨床試験を統合した分析では、この食事法の短期の固守も、メタボリックシンドロームの構成要素の改善のためにも有効であると示しています。

◎研究期間に幅はありますが、地中海式食事法を遵守することで、腹囲が(平均0.42センチ)減少、HDLコレステロール値が(平均1.17 mg/dl)増加、中性脂肪値が(平均6.14 mg/dl)減少、最高血圧または収縮期血圧が(平均2.35 mmHg)低下、最低血圧または拡張期血圧も(平均1.58 mmHg)低下、血糖値が(平均3.89 mg/dl)低下しました。

◎「長期の疫学研究の結果がこれらの臨床試験の結果を確認している」とこの研究者は述べています。

◎この研究者によると、地中海式食事法は、最も良く知られていて、よく研究されている食事法です。

◎この食事法に従っている人々では、総死亡リスクと心血管疾患や糖尿病、肥満、数種類のがんのリスクが低くなることが示されています。また、心血管疾患や糖尿病のリスク要素でもある腹部肥満またな内臓脂肪型肥満、血液中の脂質レベル、糖代謝、血圧にも良い効果をもつことが示されています。

◎「知り得る限り、これは、初めて、大規模なメタ分析で、メタボリックシンドロームとその構成要素に対する地中海料理の役割を系統的に評価した研究です。この結果は、メタボリックシンドロームの発症と進行に関して、生活習慣要素、特に食習慣がもつ予防効果と重要性を示す」とパナギョタコス氏は述べています。

◎「メタボリックシンドロームの予防のためには、運動習慣とともに、地中海式食事法のような健康的な食事パターンを遵守することが奨励される」と語っています。

3/8/2011

関連:生活習慣病、メタボリックシンドローム高血圧、血圧が気になるコレステロールが気になる血糖値が気になる中性脂肪値が気になる

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク