アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入はこちらから
***記憶力、物忘れが気になる方のためのサプリメント***

ランニングは若さを維持するための最良の方法!

◎身体の内と外の老化を防いで若さを維持するための最高の処方箋は、ランニングの習慣であるようです。

◎ランニングのような持久力トレーニングは、見た目と気分が老けるのを止めることができて、長生きにもつながると、新しい研究は示唆しています。

◎新しいネズミの研究は、5カ月間、1週間に3回、ルームランナーで走ることで、身体のほぼあらゆる細胞と器官の老化を完全に抑えることができると示しました。

◎人間の疫学研究は、持久力トレーニングが心臓病などの慢性病のリスクを減少させて、余命を延ばすと示しています。

◎しかし持久力トレーニングが、加齢の過程で累積される全身の衰退を抑えることができるかどうかははっきりしていませんでした。

◎この研究者は、運動効果をもつ錠剤やエネルギー制限も、実際に持久運動することによる若返り効果にはかなわないことも確認しました。

◎カナダのマクマスター大学医学部の教授のマーク・ターノポルスキー(Mark Tarnopolsky)氏らの研究が、Proceedings of the National Academy of Sciences誌に22日付で掲載されました。

◎「多くの人々が、運動の恩恵は錠剤でも得られるだろうと間違って信じています。私たちは、老化予防に関しては、運動の代用品は全くないことを明確に示しました」とターノポルスキー氏は語っています。

◎「本当に運動は不老の泉です。健康な老化のための方法は非常に簡単です。それは運動することです」と、共同研究者で、同大学の病理学と分子医学の准教授のジャクリン・ブルジョワ(Jacqueline Bourgeois)氏は語っています。

◎ほぼすべての細胞の中でエネルギー産生を担う細胞の発電所のミトコンドリアは自身のDNAを持っている点でユニークです。ミトコンドリアのDNA変異の一生の蓄積はエネルギー危機につながって、全身組織と臓器機能の進行性の衰退をもたらして、結局、身体を老化させると考えられています。

◎この実験で使用したネズミは、ポリメラーゼγ(POLG1)遺伝子の欠陥によってミトコンドリアの修復系が変更されて老化が早まるように遺伝操作がされていました。

◎最近の研究が、ポリメラーゼγ(POLG1)の遺伝子に欠陥のあるネズミで、人間の老化の特徴の加速を示して、哺乳類の老化におけるミトコンドリアのDNAの突然変異生成の因果的役割を示しています。

◎今回の研究は、老化が促進されるように遺伝子操作されたネズミでも、週に3回の持久運動をすることで、健康なネズミと同じぐらい若く見えることを発見しました。

◎5カ月間の持久運動は、ミトコンドリアDNA変異ネズミに、全身のミトコンドリアの発生を引き起こして、ミトコンドリアDNAの消耗と変異を防いで、ミトコンドリアの酸化能力を増やして、ミトコンドリアの形態を回復させて、複数の組織で病的なレベルのアポトーシス(プログラム細胞死) を低減しました。

◎これらの適合は完全な保護を与えて、慢性病を減らして、時期尚早な死を防ぎました。

◎一方、この遺伝子操作されたネズミは運動をしないと、禿げて、社会的に孤立して、生殖力が低下しました。

◎この研究者は、この老化促進ネズミに、老化を防ぐ最も効果的な方法であるとされる「運動代替錠剤」を与えて、さらに多くの研究で老化を抑制すると示されているカロリー摂取量の制限を行いました。

◎しかし「これらの老化抑制効果は小さいものだった」とターノポルスキー氏は言います。

◎「今回の研究結果は、持久運動が、病的状態と死亡率を減少させるために重要である『全身のミトコンドリア機能を向上させる生活習慣アプローチである』と明確に示す非常に説得力のあるエビデンスである」と語っています。

◎そして「持久運動による全身のミトコンドリアの若返りは、老化と関連疾患における細胞のミトコンドリア機能障害を緩和するための有効な治療的アプローチとして期待できる」と述べています。

2/26/2011

関連:アンチエイジング、抗加齢運動をする

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク