アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

***物忘れ、記憶力が気になる方のためのサプリメント***

職場のコーヒーは女性の能力を高めるが、男性には有害!?

◎重要な会議でコーヒーが給仕されることは日本でもかなり一般的になりました。難しい課題にチームで取り組む場面でもコーヒーが飲まれることは多いでしょう。

◎しかし、コーヒーを飲むことは、このようなストレスの多い状況における、女性の共同で課題を遂行または解決する能力を高めますが、男性では逆に作用すると、新しい研究は示しています。

◎男性は数杯のカフェイン入りコーヒーを飲むと、自信が低下して、仕事を完了するのにより長い時間がかったというのです。

◎カフェインは、大きなプレッシャーがかかる状況下において、男と女では、根本的に異なった影響を与えるようです。

◎コーヒーの中のカフェインは、脳に作用する刺激剤であり、眠気と疲労との戦いに役立つことが知られています。

◎またコーヒーは近年、いくつかの健康効果が報告されています。糖尿病や脳卒中、アルツハイマー病または認知症、肝臓傷害、さらに痛風の予防に役立つようです。

◎イギリスのブリストル大学実験心理学部のリンゼー・クレア(Lindsay St. Claire)氏らが、Journal of Applied Social Psychology誌に発表しました。

◎この研究では、高ストレスの状況下で、コーヒーは身体にどのように作用するかを調べるために、コーヒーを飲む習慣のある平均22歳の64人の男女を募って、同性の二人組をつくりました。

◎そして、3杯のカフェイン抜きのコーヒーを飲んでもらった後に、それぞれのペアで一緒に、交渉や、パズルの完成、共同記憶の課題に取り組んでもらって、その様子をモニターしました。

◎実際は、半分の人のカフェイン抜きにコーヒーにはカフェインが加えられていました。

◎次いでストレスを高めるために、一部のペアに、そのすぐ後に、取り組んだ課題に関連した発表を公衆の面前で行う必要があって、その発表の出来次第で参加費が決まると告げました。

◎男性はカフェイン含有コーヒーを飲むと、ストレスの多い状況下で共同で課題をうまく遂行するする能力がかなり損なわれることがわかりました。

◎カフェイン入りコーヒーを飲むと、カフェイン抜きコーヒーの場合と比べて、ストレスが高まった状況では、男性ペアの記憶課題の成績はかなり低下しましたが、同じ状況でも女性の記憶課題の成績は影響を受けませんでした。

◎カフェイン入りコーヒーを飲んだ男性ペアは、カフェイン抜きの場合と比べて、ストレスが高まった状況では、パズルを完成するのに20秒長くかかりました。

◎対照的に、女性ペアは、カフェイン入りコーヒーを飲むと、カフェイン抜きの場合と比べて、ストレスが高まった状況で100秒速くパズルを完成しました。

◎この研究者は、コーヒーの効果における男女差のカギは、ストレスに応じる方法における男女の違いにあると考えています。

◎女性は、ストレスが多い場面でも、直面している問題を解決するために協力的に互いに助け合う、つまり心理学者が言うところの「世話・友情反応」行動で応じる傾向があります。一方男性は、ストレス下で「攻撃・逃避反応」行動をとる傾向があります。

◎これらの結果から言えることは、ストレスの多い会議などに出席する際には、あなたが男性なら、カフェインがあなたの能力と信用を損ねるかもしれないことを覚えておいてくださいということです。そしてコーヒーをあまり飲まない方が良いかもしれません。一方、あなたが女性なら、コーヒーをどんどん飲んでください。

◎もちろんこれらの効果には個人差があります。ご自分の反応傾向を把握しておくことが大切でしょう。

2/3/2011

関連:コーヒー物忘れ、記憶力が気になる、脳の健康ストレスが多い

***物忘れ、記憶力が気になる方のためのサプリメント***

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク