アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

***サプリメントのご購入はサプリメント・ショッピングナビ***
***メタボリック -- 血圧、血糖値、コレステロール、中性脂肪、腹部肥満 -- が気になる方のためのサプリメント
***DHA&EPAのサプリメント
***大豆イソフラボンのサプリメント

血管の若返りに役立つ食事とは?

◎鮭やサバのような脂肪の多いさ脂肪の多い魚、大豆食品、さらにヨーグルトのような乳製品を取り入れた塩分控えめの食事は、硬くなった血管を若返らせるために役立つようです。

◎新しい研究はこれまでの研究データを系統的に分析して、魚油由来のn-3不飽和脂肪酸のドコサヘキサエン酸(DHA)とエイコサペンタエン酸(EPA)、および大豆イソフラボンの摂取に動脈硬化を改善する効果があると示しています。

◎心臓から出た血液を心臓や脳へ運ぶ動脈が柔軟で弾力性があることは、全身に必要な酸素や栄養素を順調に運び身体を健康に保つために重要です。

◎一方、動脈硬化は血管が弾力性を失い固くなり脆くなった状態です。加齢の他、血管壁に脂質が蓄積したり、高血圧によって血管に負担がかかるなどが影響しておこると考えられています。血管が狭くなったり、血栓(血流中の血の塊)ができやすくなって、心臓発作や脳卒中のリスクが高くなります。

◎早くも10代から動脈硬化は始まって、40歳を過ぎる頃には症状が現れてきます。中年に多いメタボリックシンドロームは動脈硬化につながります。

◎動脈硬化を改善する手段として食事と栄養介入研究は広く実施されてきました。

◎オーストラリアのメルボルン大学のマシュー・パセ(Matthew P Pase)氏らが、American Journal of Nutrition誌電子版に8日付で発表しました。

◎この研究では、人間の臨床試験データを系統的に再検討して、動脈硬化を改善するための治療における食事と栄養介入の効果を定性的に調べました。

◎複数のデータベースを使用して2020年7月まで発表された研究から、人間を対象とした食事か栄養介入の無作為化対照臨床試験を探して75の関連研究を特定して、さらにレビューに適切な38研究を選んで系統的分析を行いました。

◎この結果、DHAやEPAのような魚油由来のn-3脂肪酸、大豆イソフラボンは動脈硬化の改善に役立つことが分かりました。

◎生理活性ペプチドを含む発酵乳製品の摂取とともに減塩食は、限定的ですが一貫した動脈硬化の改善効果を示唆しました。

◎ビタミンおよび微量栄養素、生薬の効果を裏付ける十分なエビデンスはありませんでした。

◎また限定的ですが一貫したエビデンスは、カフェインの摂取が急性的に動脈硬化を増加させると示唆しています。

◎「多くの小規模な研究からの最新のエビデンスは、n-3脂肪酸と大豆イソフラボンの栄養補完が、動脈硬化を改善するための効果的な方法となると示しています」とこの研究者は結論を述べています。

◎動脈硬化を進行させるリスク要素として、高血圧、コレステロール値や中性脂肪値などの血液の脂質の異常、糖尿病、喫煙、肥満、運動不足、ストレスなどがあります。

12/14/2010

関連:動脈硬化DHA&EPAイソフラボン
▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2010 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク