アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

***サプリメントのご購入はサプリメント・ショッピングナビ***
***メタボリック -- 血圧、血糖値、コレステロール、中性脂肪、腹部肥満 -- が気になる方のためのサプリメント***
***喫煙&禁煙サポート***

ニコチン中毒、禁煙、1日の喫煙本数、すべての理由が遺伝子にある!?

◎禁煙ができない、タバコの本数が減らせないという喫煙依存症の愛煙家は、遺伝子に原因があるのかもしれません。

◎一部の愛煙家は、ニコチン中毒になることが生まれる前から運命づけられていたのかもしれません。

◎喫煙習慣の開始、禁煙の難しさ、1日の喫煙本数、ニコチン中毒、肺がんに関連する遺伝子が特定されました。

◎特定の遺伝子の存在は、喫煙者が1日に吸うタバコの本数を増やします。別の遺伝子は、その人が喫煙を開始する傾向があるのか、あるいは、禁煙が容易か困難かを示します。

◎ノースカロライナ大学、オックスフォード大学、アイスランドのdeCODE社によって、別々の3つの研究が、 Nature Genetics誌電子版に25日付で報告されました。

◎これらの研究では、14万人以上のDNAプロフィールをまとめて分析しました。

◎2年前の研究が、一般的な一つの遺伝子変異がニコチン中毒と肺がんのリスクに関連することを発見しました。

◎新しい3つの研究は、この遺伝子変異を確認して、さらに追加で、喫煙習慣の開始と禁煙に関連する遺伝子変異と、喫煙者の喫煙本数を増やすように見える遺伝子変異を特定しました。

◎新しい変異は、単一塩基多型またはSNPsとして知られている、ニコチン中毒に影響を及ぼすと考えられている遺伝子を含むDNA分子の領域に存在しています。

◎一つの研究では、人間の遺伝子には23の染色体対がありますが、第11染色体のDNAのただ一つの変化が喫煙を開始することに強く関連して、第9染色体の変化は禁煙に関連していることを明らかにしました。

◎また、3つの遺伝子座位が、1日に吸うタバコの数に関連していることを明らかにしました。

◎もう一つの研究では、第8染色体と第19染色体に特定の遺伝子変異をもつ喫煙者は、喫煙本数が増加して、肺がんのリスクは増加することを示しています。

◎喫煙者で、この遺伝子変異のそれぞれのコピーが、1日あたり約半本に相当する、喫煙量の増加に関連していました。また、肺がんのリスクを10パーセント増加させました。

◎ただし、これらの遺伝子変異が、人々に単にタバコを吸うように促すのか、それとも、肺がんになりやすくするのかは明確ではありません。

◎3番目の研究は、2年前の別の研究で、ニコチン中毒と肺がんのリスクの増加に関連することが第15染色体の遺伝子変異を確認しました。

◎「誰にとっても喫煙は健康に悪いものですが、一部の人々は、喫煙の悪影響がさらに強くなります。この研究結果は、喫煙から影響を受けやすい人を特定して、禁煙の動機づけるだろう」と、deCODE社のカリ・ステファソン( Kari Stefansson)氏は述べています。

◎喫煙の健康への害はよく知られています。健康のために禁煙をしようと考えている喫煙者は、遺伝子はどうであれ、自分の力だけで禁煙が難しいのなら、医療機関で治療を受けることで禁煙を助けてもらえます。

4/27/2010

関連:タバコを吸う肺がん
▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2010 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク