アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

***サプリメントのご購入はサプリメント・ショッピングナビ***
***メタボリック -- 血圧、血糖値、コレステロール、中性脂肪、腹部肥満 -- が気になる方のためのサプリメント***

毎日のストレスがガンを引き起こす!?

◎毎日の生活のストレスが、悪性腫瘍の発生と成長を促す場合があることを、新しい研究は明らかにしました。

◎ストレスが、細胞を悪性腫瘍へと変身、成長させる信号を発生させるというのです。

◎この研究者によれば、感情的であれ身体的であれ、どんな種類のストレスも、細胞間の発がん変異の共同作業の「経路」として機能して、通常ならガン化を免れる細胞まで悪性腫瘍となる危険性の高めます。

◎この研究は、初めて、ガンの発症に毎日の仕事や家庭のストレスを含む感情的環境による影響を受ける場合があることを、細胞レベルで示しました。この発見は、また、ガンを撃退する新たな方法も示します。

◎米国のエール大学の教授で遺伝学者のティエン・スー(Tian Xu)氏ら、Nature誌電子版に13日付で発表しました。

◎「ストレスを減少させるか、ストレスの多い状態を避けることは、常に良いアドバイスです」とティエン氏は語っています。

◎現在まで、科学者は、腫瘍が成長するために、単一細胞の中で、1つ以上の発がん性の遺伝子変異が起きることが必要であると考えていました。

◎この研究は、ストレスが異なる細胞間に「経路」を開けることによって、組織内の異なる細胞にあるときでさえ、発がん性の遺伝子変異は協力して、腫瘍成長を促進できることを示しました。

◎「悪いニュースは、組織が異なる細胞に変異を蓄積することは、同じ細胞よりはるかに簡単であるということです」とティエンは述べています。

◎この研究は、人間のガンの発症に関与することが知られている2つの遺伝子の活動を、ミバエで調べました。"RAS"と呼ばれる遺伝子は、30パーセントのガンに関与しているといわれます。"落書き"と呼ばれる腫瘍を抑圧する遺伝子は変異すると腫瘍成長に貢献します。

◎変異しているしている"RAS"も"落書き"も単独では、ガンを発症させません。この研究チームは、以前の研究で、同じ細胞に2つが一緒に存在すると悪性腫瘍を発生させることを示しました。

◎新しい研究は、悪性腫瘍が発生に、これらの変異が、必ずしも同じ細胞内に共存する必要はないこと発見しました。

◎変異"RAS"だけをもつ細胞も、近くの変異"落書き"をもつ細胞の助けで、悪性腫瘍に成長することができます。

◎さらに、負傷などのストレス状態は、発がんの引き金となることも発見しました。例えば、組織に損傷を引き起こすと、RAS変異のある細胞は、腫瘍に成長しました。

◎両方の現象は、環境ストレスによって活性化されるJNKと呼ばれる信号が引き起こすことも分かりました。

◎負傷だけでなく「多くの異なった状態がストレス信号を引き起こします。身体的ストレス、感情的ストレス、感染症、炎症、これらのすべてがストレス信号の引き金となります」とティエン氏は語っています。

◎また、この研究チームは、JNKストレス信号は、1つの細胞から隣の細胞まで移動しますが、この伝播を妨げることができることも発見しました。

◎先進国における致死的な病気の一つであるガンを、予防または治療するための新しい目標となるだろうと述べています。

1/15/2010

関連:がん予防ストレスを感じる
▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2010 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク