アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

***サプリメントのご購入はサプリメント・ショッピングナビ***
***メタボリック -- 血圧、血糖値、コレステロール、中性脂肪、腹部肥満 -- が気になる方のためのサプリメント***
***血圧が気になる方のためのサプリメント***

怒りで頭に血が昇る!! 高血圧の人は注意!!

◎「怒りで頭に血が昇る」あるいは「怒りで脳の血流が増加」は真実であるようです。

◎怒りや精神的ストレスは、健康な人々で、実際に、頚動脈 -- 脳へ血液を供給する首の血管 -- を広げて、脳への血流を増加させることがわかりました。怒りや精神的なストレスで脳は活動が増して多くの血液を必要とするようです。

◎しかし、高血圧の人々では、この頸動脈の拡張反応が起こらず、脳の血流量の増加もみられませんでした。

◎これは、高血圧の人々で怒りや精神的ストレスは、実際に脳卒中、心臓発作などのリスクにつながるかもしれないと示唆しています。

◎また、高血圧の人々で、知的活動の間に脳で必要とされる血流増加に応じられないことは、複雑な頭脳作業の間、記憶力や思考力といた認知機能を含む脳の性能に悪影響をもたらす可能性があるでしょう。

◎米国の南カリフォルニア大学のタスニム・ナクヴィ(Tasneem Naqvi)氏らが、BioMed Central's Cardiovascular Ultrasound誌に発表しました。

◎研究は、19〜27歳の健康な10人の若者と、38〜60歳の健康な20人の中年の人々、さらに 38〜64歳の本態性高血圧の人々を対象に行われました。

◎この実験では、被験者に、文章を読む、計算、怒りの経験を思い出すことを含む、精神的なストレスを引き起こすように設計された一連の作業を行ってもらいました。

◎この間に、研究者は、超音波画像診断を使用して、人々の頸動脈と脳内の動脈(中大脳動脈)への影響を測定しました。また同時に、血圧と心拍数を調べました。

◎健康な若者と中年の人々では、精神的ストレスが頸動脈の拡張を引き起こしたことがわかりました。これによって、脳の動脈の血流量が増加しました。

◎一方、高血圧の人々では、精神的ストレスによる頸動脈の拡張がみられず、脳の血流量に大きな変化は全く発生しませんでした。

◎「不適当な血管狭窄、または、冠動脈心臓病の患者で精神的ストレスに対応した血管の拡張の不足は、冠動脈疾患の患者で -- 心筋梗塞や狭心症(胸痛)のような -- 心筋虚血の原因となってリスクを増加させます」とナクヴィ氏は述べています。

◎新しい研究は、高血圧が、脳血管の血流量に影響することを明らかにしました。

◎怒りや精神的ストレスによる「脳虚血」は脳卒中のリスクを高めるのか、さらに脳の血液不足が認知機能に悪影響をもたらすのかは重要な問題であり、さらに研究が必要です。

◎これまでの研究で、高血圧の人々で、将来の認知機能の低下や認知症のリスクが高い傾向があることが示されています。

◎今回の研究で明らかとなった精神的ストレスに誘発された血管の拡張不足が、将来の脳卒中にようなイベントのリスクの高い患者を決定するかどうかを知りたいと、ナクヴィ氏らは考えています。

7/6/2009

関連:高血圧、血圧が気になる脳卒中記憶力、物忘れが気になる、脳の健康ストレス
▲ページの先頭へ

スポンサード リンク

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2009 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク