アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

***サプリメントのご購入はサプリメント・ショッピングナビ***
***メタボリック -- 血圧、血糖値、コレステロール、中性脂肪、腹部肥満 -- が気になる方のためのサプリメント***

ストレスで糖尿病のリスクが増加、コーヒーが予防

◎毎日の生活でストレスが多いと感じているなら糖尿病に注意しましょう。特に、このような男性は、糖尿病の発症リスクが 4割近く増加するようです。

◎女性はストレスを感じているかどうかよりも、積極的あるいは怒りっぽいなどストレスの多い生活を表す行動パターンのグループで、糖尿病のリスクが増加します。

◎コーヒーにはストレスを緩和する作用だけでなく、糖尿病を予防する効果も期待できるようです。特にストレスの影響による糖尿病のリスクの増加を防ぐようです。

◎精神的ストレスは、さまざまな病気の原因となる場合があると考えられています。糖尿病についても、ストレスがその原因の一つになっているのではないかと考えられてきました。

◎また、コーヒーをよく飲む人では糖尿病の発症が少ないという研究結果が、国内外から多数発表されています。

◎厚生労働省研究班の多目的コホート研究(JPHC研究)( 主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長 )の結果が、Endocrine Journal誌電子版に先月発表されました。

◎研究チームは、男女約 5万6千人を10年間追跡した調査結果にもとづいて、ストレスなどの精神的要因やコーヒー摂取と糖尿病発症との関連を調べました。

◎調査開始時には糖尿病や心疾患や慢性肝疾患の人はいませんでした。

◎研究では、 5年後と 10年後の両方でアンケート調査に回答した 40〜69歳の 55,826人(男性 24,826人、女性 31,000人)を対象として分析しました。

◎10年の追跡期間中に、男性 1,601人、女性 1,093人が糖尿病を発症しました。

◎ストレスやタイプA行動パターン(せっかち、怒りっぽい、競争心が強い、積極的などの行動パターン)、コーヒーの摂取量、糖尿病発症などはアンケートの回答をもとにして判定しました。

◎日常のストレスの程度で「多い」「普通」「少ない」の3グループに分けて比較すると、男女ともに(特に男性で)ストレスが多いほど、糖尿病の発症リスクが増加する傾向があることがわかりました。

◎男性ではストレスが「多い」グループは、「少ない」グループと比べて、糖尿病のリスクが 36パーセント増加しました。

◎女性でもストレスが「多い」グループは、リスクが 22パーセント増加しました。 しかし、統計的に有意ではありませんでした。

◎また女性は、ストレスの多い日常生活傾向を表す「タイプA行動」の度合が増すほど、糖尿病のリスクが増加することがわかりました。

◎「タイプA行動」パターンの女性は、ストレスの少ない生活傾向の「タイプB行動」パターンの女性と比べて、糖尿病発症のリスクが 22パーセント増加しました。

◎男性でも「タイプA行動」パターンの人々はリスクが 9パーセント増加しました。

◎では、コーヒーは糖尿病の予防に役立つのでしょうか。

◎今回の研究では、年齢、糖尿病リスク要素、ストレス、睡眠時間で調整後に、男女ともに、コーヒーをよく飲む人々では、糖尿病発症のリスクが低くなる傾向が見られました。

◎ほとんど飲まない人々と比べて、1日に 1〜2杯のコーヒーを飲むグループは、糖尿病のリスクが男性で 16パーセント低下して、女性で 19パーセント低下しました。

◎女性でコーヒーの予防効果は大きくなるようです。1日あたり 3〜4杯飲む女性は糖尿病のリスクが 38パーセント低下して、 5杯以上では 60パーセント低下しました。

◎コーヒーには、ストレスに反応して分泌されるコルチゾールの活性化を妨げたり、ストレスによる血圧上昇を鈍らせたりする作用があるとの報告があります。このため、ストレスの影響を緩和する作用があるようです。

◎そこで、コーヒーを 1日あたり 3杯以上飲むグループと、3杯未満のグループに分けて、ストレスと糖尿病のリスクの関係を分析してみました。

◎特に男性で、コーヒーを 1日 3杯以上飲む場合には、ストレスが多いグループでも、少ないグループより糖尿病の発症リスクが上昇することはありませんでした。女性でも同様の傾向が見られました。

◎今回の結果から「コーヒーには、ストレス緩和以外にも、糖尿病リスクを下げるような独自の効果があると考えられます」とこの研究者は述べています。

◎ストレスが糖尿病を引き起こすメカニズムは明らかではありませんが、精神的ストレスが内分泌学的な変化を引き起こして、それによって血糖値が上昇するのではないかという仮説があります。

◎「ストレスが糖尿病を引き起こす、ということは生理学的には十分にありうることであり、今後の研究で、ストレスと糖尿病との関係や、コーヒーと糖尿病の関係、ストレスへのコーヒーの影響などが明らかになっていくことが期待されます」と結ばれています。

6/2/2009

関連:血糖値が気になるストレスが気になるコーヒー

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2009 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク