アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

***メタボリック -- 血圧、血糖値、コレステロール、中性脂肪、腹部肥満 -- が気になる方のためのサプリメント***
***お酒を飲む機会が多い方のためのサプリメント***

愛煙家&酒豪は食道ガンのリスクが激増!!お酒で赤くなる体質は影響なし

◎食道ガンのリスクは、飲酒と喫煙の習慣によって増加します。特に酒豪とヘビースモーカーはそれぞれ食道ガンのリスクが 3〜 5 倍に増加しました。

◎大酒飲みのヘビースモーカーでお酒を飲むと顔が赤くなる体質の人は、食道ガンのリスクが激増しました。しかし、お酒を飲むと赤くなる体質は一般には道ガンの発症に影響しませんでした。

◎食道がんのリスクが飲酒や喫煙習慣によって増加することは、数多くの疫学研究によって示されています。

◎また日本人に多い「お酒を飲むとすぐ顔が赤くなる」体質の人は、胃ガンや食道ガンのリスクが増加することが示唆されています。

◎お酒を飲むと顔が赤くなったり頭が痛くなったりするのは、アルコールが体内で代謝されて出来るアセトアルデヒドの作用によります。「お酒を飲むとすぐ顔が赤くなる」体質の人は、このアセトアルデヒドを分解する酵素 ALDH2 が遺伝的に欠けていたり働きが弱いと考えられます。過去の特に欧米の研究で、酵素が欠けるか働きが弱い遺伝子タイプの人は飲酒によって胃ガンや食道ガンのリスクが増加することが示されています。

◎食道がんには腺ガンと扁平上皮ガンがあり、それぞれ原因や性質などが異なることがわかっています。欧米では食道がんの多くが腺ガンですが、日本や中国などの東アジアでは多くは扁平上皮ガンです。

◎厚生労働省研究班の国立がんセンター予防研究部長の津金昌一郎 ( Shoichiro Tsugane ) 氏らが、Cancer Letters 誌電子版に11月24日に発表しました。

◎厚生労働省研究班多目的コホート(JPHC) 研究の参加者で 1990 年と 1993 年にアンケート調査に回答した 40 〜 69 歳の 4 万 4970 人の男性を 2004 年まで追跡して、食道ガンの発生における、飲酒と喫煙の影響、および「顔が赤くなる体質」の影響について調べました。

◎約 14 年の追跡期間中に、 215 人の食道がんが確認されました。

◎飲酒習慣から男性を「飲まない(月に 1 回未満)」、「時々飲む(月に 1 〜 3 回)」、 1 日当たり日本酒にして「 1 合未満」「 1 合から 2 合」「 2 合以上」の 5 グループに分けて、食道がんの発生率を比較しました。

◎ 1 日当たりの酒量が日本酒にして 1 合以上になると、食道ガンのリスクが増加しました。

◎お酒を「飲まない」グループと比べて、 1 日当たり日本酒にして「 1 合から 2 合」のグループで 2. 6 倍、 2 合以上のグループで 4. 6 倍に増加しました。

◎なお、日本酒1合と同じアルコール量は、焼酎で 0. 6 合、泡盛で 0. 5 合、ビールで大ビン 1 本、ワインでグラス 2 杯(240ml)、ウイスキーダブルで 1 杯です。

◎喫煙習慣は食道がんのリスクを大幅に増加させました。非喫煙者に比べて、禁煙をした元喫煙者のリスクは 3. 3 倍、現役の喫煙者のリスクは 3. 7 倍となりました。

◎現役の喫煙者では累積の喫煙量を示す喫煙指数(*) が多いほど食道がんのリスクが上昇することがわかりました。喫煙指数が 20 未満で食道がんのリスクが 2. 1 倍、 20 〜 29 の 2. 7 倍、 30 〜 39 で 3. 0 倍、 40 以上で 4. 8 倍に上昇しました。 * 1 日当たりの平均喫煙量(箱数)と喫煙年数をかけた値

◎一方、お酒で顔が赤くなる体質が、一般に、食道ガンのリスクに影響するという関係はありませんでした。

◎しかし、喫煙指数が 20 以上のヘビースモーカーに限ると、 1 日あたり日本酒で 2 合以上飲む大酒飲みでお酒で顔が赤くなる体質の人は、 2 合未満で顔が赤くならない体質の人に比べて、食道ガンのリスクが 3. 4 倍と大幅に増加することがわかりました。

◎この理由として、顔が赤くなる体質の人、つまりアルコール分解酵素の働きが弱い人で、他の酵素が代わりに活発に働くことが、タバコ煙中の発がん物質の作用を促進するのではないかという説があるといいます。

◎今回の研究では、アンケート調査の自己申告の回答から、赤くなる体質とそうでない体質に分けています。遺伝子多型の測定はしていません。

◎お酒で顔が赤くなる体質には、他の酵素の遺伝子も関与しているという報告があるため、もし遺伝子タイプで分析した場合は、結果が異なる可能性もあるといいます。

◎尚、同研究チームの別の研究で、「お酒で顔が赤くならない」と回答した人の 97 パーセントと「お酒で顔が赤くなる」と回答した人の約半数が遺伝子多型の測定では ALDH2 酵素「働きが強いタイプ」でした。

12/12/2008

関連:胃ガン、食道ガンガン予防お酒を飲む機会が多いタバコを吸う

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク


ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2008 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*

スポンサード リンク