アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入は***サプリメント・ショッピングナビ***でどうぞ!!
***メタボリック -- 血圧、血糖値、コレステロール、中性脂肪、腹部肥満 -- が気になる方のためのサプリメント***

3 分間のウォーキングも血圧と中性脂肪値に有益

◎運動が必要なことはわかっているけど、時間がとれないという言い訳はいよいよ通用しなくなりました。ちょっとした空き時間や移動の際に、通常より少し活発に歩くことで、かなりの恩恵が得られるようです。

◎ 3 分間の活発なウォーキングを重ねることで、 30 分間の有酸素運動に匹敵する健康効果が得られることがわかりました。

◎ 3 分間の活発なウォーキングを 10 回おこなうことは、血圧や中性脂肪値に、30 分間のウォーキングと同じ効果がありました。

◎健康な成人は、 1 週間に 5 回以上、 30 分間以上の活発なウォーキングなど適度な有酸素運動をすることが推奨されています。

◎運動時間を分割する場合も、少なくとも 10 分間以上続けて運動をすることが推奨されています。これまでの研究が、 10 分間以上の有酸素運動を蓄積することで、 30 分間の一続きの運動に相当する効果があることを報告しています。

◎新しい研究結果は、さらに細切れの運動でも十分に有益であることを示します。

◎より短い運動が、健康に良い影響を及ぼすことができるかどうか知ることは重要です、と研究者はいいます。

◎ごく短時間の運動も、健康に有益であることがわかれば、より多くの人々に運動をしようという気持ちをもってもらえるでしょう。

◎イギリスのラフバラ大学のデヴィッド・ステンセル (David J Stensel) 氏らが、 American Journal of Clinical Nutrition 誌11月号に発表しました。

◎研究は、 15 人の健康な若い男性で、 1 回の 30 分間の活発なウォーキングと、 3 分間の活発なウォーキングを 10 回おこなった場合で、食後の中性脂肪値と安静時血圧への効果を比較しました。

◎以下の 2 日間のトライアルを 1 週間の間隔をおいて 3 回繰り返して行いました。

◎ 1 日目は、無作為に、運動をしないグループと、 3 分間の活発なウォーキングを 30 分間の休憩時間を挟んで 10 回行うグループ、 30 分間の活発なウォーキングを 1 回行うグループに分かれました。ウォーキングの総エネルギー消費は 1. 10 MJ でした。

◎ 2 日目に中性脂肪値と血圧を測定しました。この日は、朝食と昼食に高脂肪の食事を食べて、運動をしませんでした。

◎ 2 日目を通して、ウォーキングをした 2 つのグループの男性は、運動をしないグループと比べて、中性脂肪値が 16 パーセント低下しました。

◎中性脂肪値が、 30 分間のウォーキングのグループは平均 9. 98 mmol で、 3 分間のウォーキングを 10 回したグループは平均 9. 99 mmol で、 運動をしなかったグループは 11. 90 mmol でした。

◎同じく、ウォーキングをした 2 つのグループの男性は、安静時血圧が 6 〜 7 パーセント低下しました。

◎安静時の最大血圧または収縮期血圧が、 30 分間のウォーキングのグループは平均 109 mmHg で、 3 分間のウォーキングを 10 回したグループは平均 110 mmHg で、 運動をしなかったグループは 117 mmHg でした。

◎短い活発なウォーキングを何回かおこなうことで、合計 30 分間の運動を達成することは、食後の中性脂肪値と血圧を下げるために、30 分間の活発なウォーキングをおこなうことと同等の効果があると、研究者は結んでいます。

11/08/2008

関連:メタボリックシンドローム中性脂肪が気になる血圧が気になる

▲ページの先頭へ

*
スポンサード リンク

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2008 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク