アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入は***サプリメント・ショッピングナビ***でどうぞ!!
***メタボリック -- 血圧、血糖値、コレステロール、中性脂肪、腹部肥満 -- が気になる方のためのサプリメント***
***お酒を飲む機会が多い方のためのサプリメント***
***記憶力、物忘れが気になる方のためのサプリメント***

少量でも飲酒の習慣は脳が小さくなる

◎ 1 週間あたりの飲酒量が増加するほど、脳の全体の大きさが小さくなることがわかりました。

◎少量から適度の飲酒は一般に健康を増進すると考えられていますが、脳に関してはそうではないようです。

◎脳の縮小をできるだけ避けたいなら、完全な禁酒が望ましいようです。まったくお酒を飲んだことのない人と比べて、少々たしなむ程度の人でも、あるいは今はもう禁酒をしている人でさえ、脳は小さくなるようです。

◎脳の体積の縮小や脳の白質の損傷の増加は、学習能力、記憶力、思考力などの認知機能の低下や、認知症の進行とともにおこります。

◎米国のウェルズリー・カレッジのキャロル・アン・ポール (Carol Ann Paul MS) 氏らが、 Archives of Neurology 誌10 月号に発表しました。

◎脳の体積は加齢に従って小さくなります。年齢が 10 歳増すごとに 1. 9 パーセント減少するといいます。同時に、脳は、認知症や認知機能の低下に通じるかもしれない白質の傷害を蓄積します。

◎適度の飲酒は健康に良いことが、特に心血管疾患のリスクを低下させることが知られています。

◎脳も同様に血液の供給を受けていることから、研究者は、少量の飲酒は、加齢に従う脳の縮小も減速させるのではないかと考えました。

◎また、以前の研究が、適度の飲酒は、認知機能の向上と、アルツハイマー病の低いリスクに関係することを発見しています。

◎研究チームは、 33 〜 88 歳、平均年齢が 60 歳の 1839 人を対象に、 MRI による脳のスキャンと健康診断を行いました。認知症や脳卒中の病歴を持つ人はいませんでした。

◎報告された飲酒量で人々を 5 カテゴリーに分けて脳のサイズを比較しました。「飲酒をまったくしない」「以前は飲酒をしたが今は飲酒をしない」「少量の飲酒」「適度の飲酒」「多量の飲酒」の 5 つです。

◎「少量の飲酒」は 1 週間あたり、日本酒なら 2 合半、ビールなら大瓶 2 本半以下です。「適度の飲酒」は 1 週間あたり、日本酒なら 5 合弱、ビールなら大瓶 5 本弱以下です。

◎少量や適度の飲酒も、正常な加齢による脳の体積の縮小に対する保護的な効果がまったくないことがわかりました。

◎それどころか、少量でさえ、飲酒量が増加するほど、脳の全体の体積が小さくなるという重要な関係を発見しました、と研究者は報告しています。

◎参加者の大部分 -- 男性の 33 パーセント、女性の 44 パーセント -- が「少量の飲酒」のグループに属していました。男性は、女性より「適度の飲酒」か「多量の飲酒」が多くなりました。

◎飲酒量と脳の大きさとの関係は、女性でより強くなりました。一般に女性は男性よりアルコールが素早く吸収されて、その影響を受けやすい傾向があるなど生物学的要因のためであるかもしれないといいます。

◎今後、脳の体積の縮小が、脳機能にどのように影響するかを決定するための研究が必要だと研究者は述べています。

10/16/2008

関連:物忘れ、記憶力が気になる、脳の健康飲酒

▲ページの先頭へ



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2008 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*