アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入は***サプリメント・ショッピングナビ***でどうぞ!!
***メタボリック -- 血圧、血糖値、コレステロール値、中性脂肪値、腹部肥満 -- が気になる方のためのサプリメント***
***お酒を飲む機会が多い方のためのサプリメント***

酒量が増えるほど!? ガンを予防する遺伝子

◎遺伝子が、大酒飲み人々で、口腔ガンや咽喉ガンになる人と、ならない人がいる理由を説明するかもしれません。

◎口腔ガンと咽喉ガンに対する「重要な」保護を提供する 2 つの遺伝子が報告されました。

◎大酒飲みであるほど、これらの遺伝子は、ガンを防ぐ働きを顕著に示すようです。飲酒は、口腔ガンと咽喉ガンの重要なリスク因子です。

◎これらの遺伝子は、体内でアルコールを代謝する酵素の生産に関わる遺伝子です。

◎ 2 つの遺伝子をもつ人々は、アルコールをより害が少ない化学物質に分解することが、これらの遺伝子をもたない人々より上手であると、研究結果は示唆しています。

◎しかし、この保護的な遺伝子をもっていたとしても、多量の飲酒が問題ないということではないと注意しています。

◎これらの遺伝子変異をもつ人々でも飲酒をする場合は、飲酒をしない人々より、口腔ガンと咽喉ガンのリスクが高くなります。

◎しかし、ガンを予防する最も良い方法は、飲酒量を控えることだと、専門家はアドバイスしています。

◎口腔ガン、咽喉ガン、咽頭ガン、喉頭ガン、食道ガンの主なリスク因子は、禁煙と多量の飲酒です。

◎他に、多量のアルコールは、乳がん、大腸ガン、胃ガン、肝臓ガンのリスクを高めます。アルコール摂取量を減らせば減らすほど、ガンのリスクは減少します。

◎世界保健機関( WHO )の国際がん研究機関のポール・ベレナン (Paul Brennan) 氏らが、 Nature Genetics 誌電子版に 25 日発表しました。

◎口腔ガンと診断された人々の 10 人に 7 人は、喫煙と並んで、推奨される上限を超えるアルコールを摂取しています。喫煙もリスク因子として知られています。

◎以前の研究が、口腔ガンと咽喉ガンの発症に関与する明らかな候補として、 ADH と呼ばれる遺伝子グループを特定しました。

◎これらの遺伝子は、体内のアルコールの分解を助けるアルコール脱水素酵素 (ADH) 酵素を作ります。理論的に、これらが効果的に作用するほど、アルコールが口やのどの細胞に与えるダメージが少なくなります。

◎研究チームは、口腔ガンか咽喉ガンを発症した、同年代で同じライフスタイルの人々の遺伝子を調べました。

◎ 3800人の気道消化管ガンの患者と、 5200 人のガンではない人々で、 6 つの ADH 遺伝子変異を調べました。

◎研究者は、ガンの発症リスクを低下させる ADH 遺伝子グループの 2 つの変異を発見しました。

◎ ADH 遺伝子グループの rs1229984 (ADH1B) と rs1573496 (ADH7) の 2 つの変異は、気道消化管ガンの発症をかなり防ぐことがわかりました。

◎これらの効果は、アルコール摂取量の増加に従って、より明らかになりました。

◎多量に飲酒をする人だけを調べると、有益な効果が顕著でした。

◎両方の遺伝子の効果は互いに独立していました。これは、複数の ADH 遺伝子が上部気道消化管ガンの病因に関与することを含意すると、研究者は述べています。

◎ 2 つのうちの 1 つの変異だけをもっている場合でも、酒量の増加にしたがって、予防効果は明らかになりました。

◎すでに、遺伝子変異の 1 つをもつ人々は、もたない人々より、アルコールを分解する速度が 100 倍以上速くなることが知られています。この特性が、口腔ガンと咽喉ガンを予防するために重要な働きをしているだろうと研究者は述べています。

5/26/2008

関連:頭頸部ガン、咽頭ガン、喉頭ガン、口腔ガン、鼻腔ガンガン予防

▲ページの先頭へ



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ

©2005-2008 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*