アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入は***サプリメント・ショッピングナビ***でどうぞ!!
***メタボリック -- 血圧、血糖値、コレステロール値、中性脂肪値、腹部肥満 -- が気になる方のためのサプリメント***
***お酒を飲む機会が多い方のためのサプリメント***

飲酒の習慣が腹部肥満を防ぐ !?

◎お酒を毎日飲む人々は、お酒をあまり飲まない人々より、腹部肥満になりにくいようです。

◎お酒を飲むことの多い人々は、お腹がでてきて、腹部肥満になりやすいと一般的に考えられていますが、飲酒の頻度が多いことがウエストサイズの増加をもたらすことはないようだと、新しい研究の結果は示しています。

◎むしろ、最長 9 年間の研究から、 1 週間のうちで飲酒日の多い人々ほど、飲酒量に関係なく、ウエストサイズが増加した人が少ないことがわかりました。

◎毎日お酒を飲む人々は、週に 1 日未満とほとんど飲まない人々より、ウエストが大きく増加するリスクが約 3 割も低下しました。

◎しかし、腹部肥満を予防するために、毎日の飲酒を開始することはお勧めしません。以前の別の研究が、週に 3 日はお酒を飲まない休肝日をとることで、ガンや心臓病など、あらゆる原因による時期尚早な死を予防することができるを報告しています。

◎デンマークの南デンマーク大学のジャンネ・トロストルプ ( Janne S Tolstrup ) 氏らが、American Journal of Clinical Nutrition 誌4月号に発表しました。

◎研究は、 4 万 3543 人の男女を対象に行いました。 1993 〜 97 年に最初の調査をして、 1999 〜 2002 年まで追跡調査をした、前向きコホート研究のデータを使用しました。

◎研究は、研究開始時のアルコール飲料を飲む頻度と、ウエスト周囲サイズの変化の関係を調べました。

◎また、ウエスト周囲サイズの「大きな増加」か「大きい減少」との関係を調べました。 ◎ウエスト周囲サイズの変化で 5 つのグループに分けた時の、最も増加の大きいグループを「大きな増加」と、最も減少の大きいグループを「大きい減少」と定義しました。

◎女性では、飲酒の頻度が多いほど、ウエスト周囲サイズの変化が小さいことがわかりました。男性では、飲酒の頻度とウエスト周囲サイズの変化に関係はみられませんでした

◎飲酒の頻度は、男女ともに、ウエストサイズの「大きい減少」と関係しませんでした。

◎しかし、男女ともに、飲酒頻度が多い人々ほど、ウエストサイズの 「大きい増加」 がみられた人の割合が低下することがわかりました。

◎ウエストサイズが大きく増加するリスクが、飲酒日が 1 週間に 7 日、毎日お酒を飲む男性は、週に 1 日未満の男性と比べて、 29 パーセント低下しました。

◎同様に、週に 5 〜 6 日の男性はリスクが 18 パーセント低下して、週に 2 〜 4 日の男性は 12 パーセント低下して、週に 1 日の男性は 3 パーセント低下しました。

◎女性も、男性と同様の結果でした。

◎飲酒量や食事の総カロリー摂取量での調整は、この結果に影響しませんでした。

◎飲酒パターンは、腹部肥満の発症に関係するようだと、研究者は結論を述べています。

◎この前向き研究では、飲酒の頻度の増加は、大きなウエストサイズの増加の発生を低下させました。しかし、ウエストサイズの減少には関連しませんでした。

4/25/2008

関連:お酒をよく飲むメタボリックシンドローム

▲ページの先頭へ



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ

©2005-2008 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*