アライブ!サプリメントカフェ

サプリメントビタミン&ミネラル > ビタミンK

ビタミンK

血液の凝固促進
骨の形成促進
抗がん、抗腫瘍形成作用
*

◎抗出血ビタミン、または止血ビタミンとも呼ばれ、血液凝固因子の合成を不可欠です。けがなどでの出血時に血液を固めて傷をふさぐ助けます。

◎カルシウムが骨に沈着するのを促進する働きもあります。ビタミンD とともに丈夫な骨の形成に不可欠です。

◎天然型として、ビタミンK1(フィロキノン、主に植物の葉緑素で合成される)、ビタミンK2(メナキノン、主に微生物によって合成され、腸内細菌によっても合成される)の 2 種類があります。

◎ビタミンK1 は緑色野菜、海藻類に、K2 は納豆やチーズなどに含まれます。体内で合成できるため、ビタミンKが不足することは余りありませんが、稀に新生児で欠乏症による出血がおこるため、産科では新生児にビタミンKを予防投与します。

摂取目安量

◎栄養素食事摂取基準では、18歳以上の男性は75μg、女性は15〜29歳が60μg、30歳以上が65μg、上限設定はありません。

スポンサード リンク





ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


最新トピックス


関連トピックス

【健康長寿を望むなら緑の野菜を食べよう! ビタミンK が死亡リスクを低減!?】3/31/2014
【緑葉野菜や海藻が血管を若く保つ!高血圧の人は特に重要!?】6/18/2013
【ホウレン草は骨も強くする!?】12/12/2012
【納豆が糖尿病を予防!ビタミンKの新たな効能を発見!】5/28/2010
【緑葉野菜がメタボを予防!! ビタミンK1の効果を発見】4/12/2010
【がん予防に納豆やチーズ!?、ビタミンKが総合的ながんのリスクを減らす】4/01/2010

*

スポンサード リンク