アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > ビタミン&ミネラル> ビタミンB6

***ビタミンB 群のお勧めサプリメント***

ビタミンB6

疲労
貧血
皮膚や粘膜の健康維持
動脈硬化の予防
がんの予防
精神の安定
アンチエイジング
妊娠中毒症
*

◎タンパク質や脂質の代謝に不可欠です。同じ作用を持つ化合物が、ピリドキシンなど7種類以上発見されています。体内ではピリドキサールリン酸(PLP)になり、タンパク質の一種アルブミンと複合体をつくります。

◎栄養機能食品としての表示は「ビタミンB6は、たんぱく質からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です」とされています。

◎タンパク質代謝に不可欠で---タンパク質を構成するアミノ酸の分子はアミノ基(−NH2)とカルボキシル基(−COOH)を持っています。このカルボキシル基が二酸化炭素となって除かれる反応を脱炭酸反応といいますが、この時にビタミンB6はピリドキサールリン酸(PLP)の形で、---補酵素として作用します。

◎肝臓や筋肉に貯えられたグリコーゲン(糖の一種で、エネルギー源)をエネルギーに変換します。

◎アミノ酸を摂取するときは---アミノ基転移反応および含硫アミノ酸の代謝における脱アミノ反応においても同様に働きますから---併せて摂りたいビタミンです。

◎同じビタミンB群のビタミンB12、葉酸と協働でアミノ酸のメチオニンを、ホモシステインを経てシステインに変換します。ビタミンB6が不足するとホモシステインで変化が止まってしまいます。血中のホモシステイン濃度が高いと動脈硬化が進行しやすいといわれます。

◎赤血球の色素成分で酸素の運搬をするヘムを合成するのに必要です。不足は貧血を招きます。

◎神経伝達物質ギャバの合成に必要で精神の安定に貢献します。

◎遺伝子のDNA核酸の正常な合成を促進し抗老化(アンチエイジング)に役立ちます。

◎つわりの症状、月経前症候群の症状緩和します。

◎ビタミンB6 の不足は口内炎、湿疹になりやすいといわれます。

◎ビタミンB6 の不足は大腸がんのリスクが高まることが報告されています。

ビタミンB6の摂取目安量

◎栄養素食事摂取量は18歳以上の男性で1.4mg、女性で1.1mg、上限はピリドキシン量で男性が55〜60mg、女性が45mgとされています。
◎栄養機能食品としての1日当たりの摂取目安量は上限10mg、下限0.5mgとなっています。
*
◎ビタミンB1:B2:B6=1:1:1で摂取すると良いといわれます。水溶性ビタミンですから過剰摂取の心配はないとされます。

併せて摂りたい栄養素

◎ビタミンB群として摂取したほうが良いとされます。動脈硬化予防にはビタミンB12、葉酸と併せて摂るとよいでしょう。


スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ

Web www.rda.co.jp

関連トピックス

【ビタミン B 群サプリ脳の縮小、記憶力の低下、認知症を防ぐ!?】5/22/2013
【ビタミンBサプリが記憶力を守り認知症を防ぐ!?】9/15/2011
【ビタミンBが認知症を予防!?】9/9/2010
【ビタミンBが大腸がんを予防!】9/8/2010
【ビタミンBが、うつを予防!!】7/24/2010
【地中海式食事法が心臓発作と突然死を防ぐ!!】6/16/2010
【ビタミンBが心臓病と脳卒中による死亡を防ぐ!!!】4/16/2010
【ビタミンB6 が大腸がんを予防】8/20/2009
【アイスクリームで知力が低下!? 認知機能の低下を予防する食習慣】8/1/2009

*

スポンサード リンク