アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > ビタミン&ミネラル>  ビタミンB2

***ビタミンB 群のお勧めサプリメント***

ビタミンB2

疲労
肌と粘膜の健康維持、改善
口内炎
視力の強化
成長の促進
アンチエイジング
*

◎別名:リボフラビン

◎栄養機能食品としての表示は「ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です」とされています

◎体内に吸収されると、リン酸と結合しFMN(フラビンモノヌクレオチド)、FAD(フラビンアデニンジヌクレオチド)に変換され、多くの代謝に関係するフラビン酵素の補酵素として、脂肪酸の分解や胆汁やコレステロールの合成に関わります。

◎糖質、タンパク質、脂質のエネルギー代謝に関わり、不足すると疲れたり、活力がわかない状態になります。

◎ビタミンAとともに皮膚や粘膜の保護し、髪、爪、肌を健康に保つ美肌のビタミンです。特に脂性の肌、脂漏性湿疹を改善、口内炎の改善に役立ちます。

◎視力を強化し、眼精疲労改善と白内障の予防に役立ちます。

◎細胞組織のタンパク質をつくりだし、成長を促し、若さを維持します。食物が胃や腸で消化されて、たんぱく質は個々のアミノ酸に分解され、門脈を介して肝臓に運ばれ、さらに肝臓で、アミノ酸は身体が必要な形に変えられます。この際に必要なのがビタミンB2で、アミノ酸の酸化的分解を促進します。成長期や妊娠中には不足のないように注意が必要です。

ビタミンB2の摂取目安

◎栄養食事摂取推奨量は、男性は18〜49歳が1.6mg、50〜69歳が1.5mg、70歳以上が1.3mgです。女性は18〜69歳が1.2mgで、70歳以上が1.0mgです。上限設定はありません。
◎栄養機能食品としての1日当たり摂取目安量は上限12mg、下限0.4mg、となっています。
*
◎水溶性ビタミンで、摂取後8時間ぐらいで体外に排出されます。毎日の摂取が必要です。

併せて摂りたい栄養素

◎ビタミンB1:B2:B6を1:1:1で摂取し、併せてビタミンCを摂るとよいでしょう。サプリメントとして摂る場合は、ビタミン群として摂取するのが良いとされています。

スポンサード リンク


ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ

Web www.rda.co.jp

最新トピックス


関連トピックス

【ビタミンBが月経前症候群を防ぐ】3/1/2011
【ビタミンBが大腸がんを予防!】9/8/2010
【アイスクリームで知力が低下!? 認知機能の低下を予防する食習慣】8/1/2009

*

スポンサード リンク