アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > ビタミン&ミネラル> ビタミンB12

***ビタミンB 群のお勧めサプリメント***

ビタミンB12

貧血
不眠
精神安定
腰痛
抗老化
動脈硬化予防
月経前症候群の緩和
妊娠初期の胎児の脳の奇形(神経管欠損)の予防
*

◎サプリメント等に含まれるシアノコバラミンは抽出の際にできる人工物で不活性型です。活性型ビタミンB12---メチルコバラミンなど---は動物にしか含まれないとされていましたが、最近、海苔やクロレラにも含まれることがわかりました。

◎栄養機能食品の機能表示は「ビタミンB12は、赤血球の形成を助ける栄養素です」とされいます。

◎タンパク質、炭水化物、脂肪の代謝に必要です。

◎細胞の新陳代謝に必要な遺伝子情報を持っている核酸を合成する際に必要です。細胞分裂と合成、成長に必要です。

◎「赤いビタミン」とも呼ばれ、葉酸の助けを得て、赤血球を形成、再生し貧血を予防します。

◎葉酸と結合して活力を生みます。

◎集中力、記憶力の増大、精神の安定に役立ち、睡眠のリズムを整えます。

◎末梢神経の修復に効果があり、腰痛、手足のしびれなどの治療薬としても使用されています。

◎ビタミンB6,葉酸とともに動脈硬化を進めるといわれる血中のホモシステイン濃度を低減し、動脈硬化を予防し心臓病のリスクを下げます。

◎月経前症候群の緩和。

◎ベジタリアンは、サプリメントでの摂取が必要です。

摂取目安量

◎栄養素食事摂取推奨量は18歳以上の男女で、2.4 マイクログラムで、上限は設定されていません。妊婦と授乳中の女性は 0.4 マイクログラム追加します。
◎栄養機能食品の1日の摂取目安量は上限が 60 マイクログラム、下限が 0.8 マイクログラムです。

併せて摂りたい栄養素

◎ビタミンB群(含:葉酸B6)として摂取したほうが良いとされます。

スポンサード リンク




ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp

最新トピックス


関連トピックス

【胃炎や胃潰瘍の薬が、知力の低下につながる!?】12/12/2013
【ビタミン B 群サプリが脳の縮小、記憶力の低下、認知症を防ぐ!?】5/22/2013
【ビタミンB が失明(加齢黄斑変性)を予防!?】5/8/2013
【記憶力の低下をビタミンB群サプリが防ぐ!】12/20/2011
【ビタミン欠乏が脳を小さくし、記憶力を下げる!?】9/27/2011
【ビタミンBサプリが記憶力を守り認知症を防ぐ!?】9/15/2011
【慢性のせきはビタミンB12欠乏が原因!?】1/24/2011
【ビタミンB12が認知症のリスクを下げる】10/19/2010
【ビタミンBが認知症を予防!?】9/9/2010
【ビタミンBが、うつを予防!!】7/24/2010
【ビタミンBサプリで、肺ガンのリスクが増加 !? 葉酸とビタミンB12】11/19/2009
【アイスクリームで知力が低下!? 認知機能の低下を予防する食習慣】8/1/2009

*

スポンサード リンク