アライブ!サプリメントカフェ

サプリメントアミノ酸 > ウコン、ターメリック

***ウコン ( ターメリック ) のサプリメント***

ウコン(ターメリック)

抗酸化作用・活性酸素除去
肝臓の機能向上
抗ガン
コレステロール値の改善
糖尿病の予防 抗炎症
抗菌
血管機能の改善
解毒作用
認知症の予防
*

◎学名:curcuma longa 科名:ショウガ科

◎ウコンはインド原産の多年草で、カレー粉に含まれる黄色のスパイスであるターメリックのことです。秋ウコン、春ウコン、紫ウコン(ガジュツ)があります。

◎有効成分は黄色色素のクルクミンで、強い抗酸化力を持ちます。クルクミンは消化管でテトラヒドロクルクミンというさらに強力な抗酸化力を持つ成分に変化します。抗酸化作用については基礎研究で確認されています。なおクルクミンの含有量は秋ウコンが多く、紫ウコンには含まれません。

◎脳の機能に必要なアラキドン酸代謝に関与して、認知や記憶の向上、日内リズムの崩れを改善する効果があります。

◎胆汁の分泌を促進し、解毒作用を持つことから肝臓の働きを助けます。アルコールの分解を促進する効果をもち、飲酒の前に飲めば二日酔いの予防になります。

◎コレステロール値の低下効果が確かめられています。胆汁の原料としてコレステロールが使用されることによると考えられています。

◎抗ガン作用が基礎研究で認められ、新生血管の抑制 (腫瘍に栄養を供給する血管の形成を抑止)、アポトーシス (細胞の自死)、活性酸素の抑制 ( DNA の損傷を防ぐ) など複数の働きが期待されています。

◎抗菌、消炎作用があり、基礎研究で確認されています。インド、インドネシアの民間療法では消炎や鎮痛、傷の治療に外用で用いられます。

ウコンの摂取目安

◎特にありませんが、日本で販売されるサプリメントはクルクミン量で1日30mgとしていることが多いようです。

◎米国のサプリメントは、1日の摂取目安量にクルクミン量が300〜500mg程度含まれることが多いようです。
◎ウコンのサプリメントには鉄分が含まれている場合があります。C型肝炎と非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の方は鉄の過剰摂取は危険です。「鉄の含有量が明らかでない」ウコンのサプリメントは摂取しないでください。

併せて摂りたい栄養素

【肝臓の健康、お酒を良く飲む方】
マルチビタミン&ミネラル
ビタミンB群
Lシステイン

***ウコン ( ターメリック ) のサプリメント***

スポンサード リンク


ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp

*

最新トピックス


関連トピックス

【カレーが脳細胞を保護!?】9/29/2014
【カレー(クルクミン)が糖尿病を予防 !?】7/30/2012
【緑茶や紫の果物が認知症と慢性疾患を予防!】12/9/2010
【カレー粉の成分が喫煙者の頭頸部がんを抑制!!】10/6/2009
【オレンジジュースとカレーで血管と心臓が健康に!?】7/22/2009
【週に 1〜2度のカレーで認知症を予防!】6/3/2009
【カレーが体重の増加を防ぐ!?】5/20/2009

*

スポンサード リンク