アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > ウーロン(烏龍)茶

ウーロン(烏龍)茶

抗酸化作用
高血圧の改善
コレステロール値の改善
中性脂肪の低減
虫歯の進行抑制
抗アレルギー
花粉症の症状緩和

■ウーロン(烏龍)茶
◎学名:Camellia sinensis (L..) Kuntze  科名:ツバキ科チャ属
◎緑茶やウーロン茶と元の茶葉は同じで、発酵させずに乾燥させたものが緑茶、発酵の途中で止めた半発酵茶がウーロン茶、そして十分に発酵させた全発酵茶が紅茶となります。

◎使用部分は葉(茶葉)。乾燥萎凋した新芽とそれに続く2枚の若葉が茎とともに使われる。若葉と新芽はともにティーフラッシュ(茶芽)と呼ばれ、春から秋にかけて摘み取られます。
ページの先頭へ
*
■ウーロン茶ポリフェノール
◎含有成分は葉の品種によって細かくは異なりますが、ポリフェノールの一種のカテキン、カフェインなどを含みます。

◎カテキンは発酵の過程で茶葉の酵素により酸化重合します。ウーロン茶は、部分的に途中まで発酵させた半発酵茶で、発酵の途中に「ウーロン茶重合ポリフェノール」という独特の成分を生み出します。

◎「ウーロン茶ポリフェノール」は抗酸化作用をもちます。脂肪を消化・吸収せずに体外に排出させる作用が強いとされます。血圧を下げる作用、体内のエネルギー消費を促進する作用、中性脂肪(ちゅうせいしぼう)の消費を促進し中性脂肪を低減、血液中のコレステロール値を低下させる作用などが報告されています。

◎虫歯の進行を抑える作用やアトピー皮膚炎を抑制する作用も報告されています。
ページの先頭へ
*
■ウーロン茶の花粉症緩和効果---品種に注意
◎ウーロン茶の中で発酵度が低くカテキンモノマー含有量が多い品種である「黄金桂」が、「くしゃみ、鼻つまり、目のかゆみなどのアレルギー症状を有する通年性鼻炎の症状緩和」「スギ花粉症の症状を緩和」することをヒト試験で確認した報告があります。
*
◎台湾の烏龍茶を代表する凍頂烏龍茶に、花粉症の緩和効果があると、テレビの健康情報番組で紹介され話題になりました。

◎紅茶用の茶葉として開発された「べにふうき」という緑茶に花粉症などアレルギー症状の改善効果(実験の参加者の半数に完全効果がみられた)がある成分が含まれることが確認された際に、烏龍茶の「青心大有」や「大葉烏龍」といった品種にも抗アレルギー作用のある成分---3-O-methylgalloly-epigallocatechin(C-1)と4-O-methylgalloly-epigallocatechin(C-2)---が含まれていることが報告されたことによるようです。ただし加工(発酵)の過程で有効成分が失われるのではないかともいわれています。

◎烏龍茶の主要品種である「青心烏龍種」や、「金萓」「翠玉」などの品種では、はっきりしていません。
ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


最新トピックス


関連トピックス

【お茶を飲む習慣が、肝臓がんを予防!】3/19/2011

*

スポンサード リンク