アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > 桑の葉

桑の葉

血糖値の低下
糖尿病の予防・改善
ダイエット
*

◎学名:japanese mulberry 科名:クワ科
◎桑の葉の煎じ茶は昔から糖尿病の薬として利用されてきました。漢方では「桑葉」という生薬として扱われます。

◎有効成分はDNJ(1-デオキシノジリマイシン)です。食事で摂取した炭水化物や糖分は小腸でαグルコシダーゼという糖質分解酵素によってブドウ糖に分解されて吸収されます。DNJはこの分解酵素の働きを阻害することで、小腸から血液中への吸収を穏やかにし、血糖値の急な上昇を抑えます。

◎食後、消化吸収されたブドウ糖によって血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が上昇しますが、必要に応じてインスリンが分泌され、ブドウ糖は細胞に取り込まれ、血糖値は一定の濃度で維持されます。糖尿病ではインスリンの分泌が遅いためブドウ糖の取り込みが十分になされず、食後に血糖値が急上昇してしまいます。桑の葉茶を食事の前に飲むことで、ブドウ糖の吸収がゆっくりになり、インスリンの分泌が血糖値の上昇に追いつかず血糖値が高いままになるのを防ぎます。

◎糖質の吸収を阻害することから、インスリンの過剰分泌を抑制し、細胞での脂肪の合成・蓄積を防ぐ効果を期待できます。

◎桑の葉茶には、DNJの他にもカルシウムやカリウム、鉄分などのミネラルやカロテンを含みます。含まれるフラボノイド類による抗酸化作用もあります。

◎桑の根は「桑根白皮」という利尿、去痰、消炎の生薬として利用されます。桑根皮エキスとその含有成分のクワノンE、G、Hとモルシンに脱毛を防ぐ効果があることが報告されています。

摂取目安量

◎特にありませんが、食事の前の飲んでください。おなかが張ったり、ガスが出がちになる方がいます。小腸で分解されなかった糖分が大腸に運ばれ分解されガスが発生するためです。1ヶ月ほどで収まるといいます。

スポンサード リンク


ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp


最新トピックス


関連トピックス

*

スポンサード リンク