アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > キノコ類 > メシマコブ

メシマコブ

免疫力向上
抗ガン作用
糖尿病の予防
*

◎学名:phellinus linteus  科名:タバコウロコタケ科 
◎桑の木に寄生して栄養分を摂取する担子菌類のコブ状形態のキノコ。長崎県の女島(メシマ)に多く自生していたことからメシマコブの名がつきました。1968年に国立ガンセンターが抗ガン作用について研究報告しており、以前から強力な抗ガン作用が注目されていましたが、野生のメシマコブを採取することが非常に難しく、その後あまり研究されませんでした。

◎韓国で培養技術が開発され、盛んに研究されて基礎研究で効果が示されています。最近、日本でも注目されてきました。

◎韓国ではガン治療の治療薬として承認されていますが、まだ臨床試験データは十分とはいえません。

◎メシマコブは免疫機構の活性化作用があり、この抗ガン作用にはガン細胞増殖抑制、移転抑制、抗ガン剤との相乗効果と副作用軽減、免疫細胞の活性化による自己免疫力向上があります。

◎他に免疫疾患や糖尿病予防にも、効果が期待されています。

メシマコブの摂取目安

◎韓国ではガン治療では、1日1.1gを3回が一般的。
*
◎ガン予防、免疫力向上には継続的な摂取が必要です。
◎錠剤や顆粒、乾燥品などがあります。品質にバラツキがあるため信頼できる製品を選んでください。

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp


最新トピックス


関連トピックス

*

スポンサード リンク