アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > 乳酸菌

***サプリメントのご購入はサプリメント・ショッピングナビ***
***メタボリック -- 血圧、血糖値、コレステロール、中性脂肪、腹部肥満 -- が気になる方のためのサプリメント

乳酸菌

便秘や下痢など(整腸作用)
ガンの予防
免疫力の向上
コレステロール値の改善
高血圧の改善
ピロリ菌の殺菌
アトピー皮膚炎の改善と予防
抗アレルギー
花粉症
美肌
抗生物質の投与を受けている方
歯周病、口臭
*

■乳酸菌と
◎乳酸菌とは糖を分解して乳酸を作る細菌の総称で、ヨーグルトやチーズなどの乳製品、キムチ等の漬物と発酵食品に多く含まれ、腸内環境を整え健康に役立ちます。
ページの先頭へ
*
■善玉菌と悪玉菌
◎人間の腸には約300種類100兆個以上の菌が存在しています。多くは大腸に棲んでいるとされます。腸内細菌は、種類ごとに集団をつくって棲んでいて、一つの組織のように叢(フローラ)をなしているため、腸内細菌叢と呼ばれています。この腸内細菌叢は、一人ひとり異なり、年齢や生活習慣によって変化していきます。

◎人の身体に良い働きをする「善玉菌」、有害物質を作るなどの悪い働きをする「悪玉菌(ウェルシュ菌など)」、どちらともいえない「日和見菌」に分けられます。これら細菌のバランスが大切で、悪玉菌が増えると体調に問題が発生します。

◎善玉菌の代表が乳酸菌やビフィズス菌で、通常腸内細菌の2割程度存在しますが、加齢とともに減少します。代表的効果に、腸内を弱酸性にして悪玉菌の増殖を防いだり、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進して、便秘や下痢を防ぐなど整腸作用があります。
*
【ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム)】
◎ビフィズス菌は、乳酸とともに酢酸も大量に作る、酸素が嫌いで動物の腸内が主な棲家にするなどの特殊な性質があり、また乳酸菌の定義にある「消費したブドウ糖に対し、乳酸の産生量が50%以上」を満たさないため、厳密には乳酸菌に分類されません。

◎1899年に乳児の便から発見されたというのもユニークで、生後3日目の新生児の腸に現れ、5日目ごろから大腸菌を上回るといわれます。
◎もともとヨーグルトには含まれず、ビフィズス菌入りヨーグルトは、機能性食品として新しく開発されたものです。
ページの先頭へ
*
■プロバイオティクスの製品を
◎善玉菌を増やすには経口摂取(口からとる)が有効ですが、あわせて菌を増やす水溶性食物繊維やオリゴ糖なども摂ると一層効果的です。

◎善玉乳酸菌としてはビフィズス菌(主に小腸に棲む)やアシドフィルス菌(主に大腸に棲む)が有名です。乳酸菌は酸に弱いため、腸まで生きたままで届くプロバイオティクスの製品を摂ると効果的です。

◎乳酸菌の種類や株によって効果が違い、また個人によっても効果の出る乳酸菌が違ってきます。ヨーグルトならば約100〜200gを1〜2週間、毎日食べて効果をみることで自分に必要な乳酸菌かどうかがわかります。
ページの先頭へ
*
■乳酸菌の効果
◎乳酸菌は便秘や下痢、便臭の改善など整腸作用の他、抗ガン作用、免疫力向上、抗アレルギー作用、抗真菌など多くの効果が報告されおり、臨床試験も多くあります。
*
【免疫力向上】
◎乳酸菌には、外部の病原菌などの侵入から身体を防御する、免疫の働きを活性化させ、免疫力を向上させる作用のあります。乳酸菌食品を食べることで、小腸の免疫細胞が強化されます。この作用が確認されている乳酸菌には、シロタ、LC1、LGG、HN019があります ◎腸内に棲んでいる乳酸菌やビフィズス菌には、乳酸や酢酸をつくって、外から進入する病原菌の増殖を抑える作用があります。
*
【コレステロール値の低下】
◎乳酸菌の中には、胆汁酸を吸着して便と一緒に排泄する作用があります。胆汁酸は胆のうで肝臓内のコレステロールを材料につくられているため、減った胆汁酸を補おうと肝臓内のコレステロールを胆汁酸に変換するはたらきが活発になります。その結果、コレステロールの消費が促進されて、体内のコレステロールが減っていきます。
◎ビフィズス菌や一部の乳酸菌には、腸内に入ってきたコレステロールを分解し、腸で吸収されにくい物質に変える作用のあります。
◎毎日発酵乳を240〜720ml飲んだ結果、1週間で血中コレステロールが5〜10%減少した報告もあります。効果を維持するには毎日、飲み続けることが必要です。
*
【ピロリ菌の除菌】
◎LG21乳酸菌は、胃・十二指腸潰瘍や胃ガンの原因となるピロリ菌を減少させる作用が報告されています。LG21の乳酸菌飲料を8週間飲用したピロリ菌保菌者のうち、8割以上でピロリ菌の減少が見られたという報告があります。
◎ピロリ菌は胃酸の塩酸には強いのですが、乳酸菌の乳酸には弱いことや、乳酸菌がピロリ菌の餌をうばうためです。ただ、効果が期待できるのは、胃酸に強い菌株や、胃の粘膜に粘着する力の強い乳酸菌に限られます。
*
【アレルギー体質改善、花粉症の症状緩和】
◎白血球の中のTh1細胞、Th2細胞のバランスがくずれ、Th2が多くなるとアレルギー症状を起こしやすいといわれます。KW乳酸菌は、Th1/Th2バランスを改善し、アレルギーの第一段階で生成されるIgE抗体の生成を抑える働きが報告されています。カゼイ・シロタ菌、L-55乳酸菌、L-92乳酸菌でも花粉症の症状緩和作用が報告されています。
*
【アトピー性皮膚炎の早期予防と症状改善】
◎乳酸菌のLGG株にはアトピー性皮膚炎の早期予防と症状の改善に効果が報告されています。Bb-12にもアトピー性皮膚炎の症状改善に有効とされる報告があります。
◎英ランセット誌で報告されたフィンランドのツルク大学の小児アトピー皮膚炎予防効果が有名です。
*
◎アレルギー症状のある妊産159人を2グループに分け、一方には乳酸菌のLGG株を、もう一方にはニセ薬を与えたところ、LGG株を摂取した母親から生まれた子どものアトピー発症率が23%であったのに対し、ニセ薬の母親の子どものアトピー発症率は46%だったというものです。
◎アトピー性皮膚炎の乳児に乳清と、LGG株を入れた乳清を摂取させたところ、後者は、乳清だけの乳児に比べて症状が大きく改善されたという報告もあります。
*
【血圧降下作用】
◎乳酸菌(ラクトバチルス・ヘルベティカス)が乳製品中のタンパク質を分解してつくる「ラクトペプタイド」という物質に、血管の収縮を促進する酵素のはたらきを抑え、血圧を下げる効果のあることがわかりました。これを商品化したのがラクトトリペプチドを含む「アミールS」などです。
*
【歯周病・虫歯予防】
◎乳酸菌には、歯周病菌を酸化し、殺菌する効果があります。虫歯菌のミュータンス菌も乳酸菌に弱いといわれ、Lロイテリ菌で虫歯予防効果が報告されています。
ページの先頭へ
*
◎主な乳酸菌食品(ヨーグルト、乳酸菌飲料)の乳酸菌と働きは_≫「乳酸菌食品・乳酸菌の種類と機能」で紹介しています。

乳酸菌の摂取目安

◎1日10億から100億程度、ヨーグルトで200g程度
◎数種類の菌をブレンドしたサプリメントもあります

併せて摂りたい栄養素

食物繊維、オリゴ糖

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp

*


3種類の乳酸菌を配合した整腸薬。乳酸菌が生きたまま腸に届いて働きます。


3種類の乳酸菌に、ビタミンB1・B2をプラスした乳酸菌整腸薬です。

最新トピックス


関連トピックス

【白パン、白飯が腸内の善玉菌を増やす!? 】6/13/2014
【乳酸菌にダイエット効果あり!?】1/29/2014
【ヤクルトが乳がんを予防!?】7/21/2013
【乳酸菌が身体の太陽光ビタミンを増やす!】6/23/2013
【乳酸菌が皮膚の乾燥と肌荒れを防ぐ!】2/16/2013
【乳酸菌が不安やストレスを軽減!?】5/27/2012
【プロバイオティク乳酸菌が放射線から腸を守る!?】11/22/2011
【下痢の時には乳酸菌が役立つ!】11/10/2010

*

スポンサード リンク