アライブ!サプリメントカフェ

サプリメントアミノ酸 > グルタミン&グルタミン酸

グルタミン&グルタミン酸

脳の健康
ストレス
血圧を下げる
免疫力向上
消化管の粘膜保護
アンチエイジング
*

◎グルタミン酸は非必須アミノ酸です。

◎グルタミン酸は脳内で興奮系の神経伝達物質として働きます。

◎グルタミン酸は筋肉や神経、特に脳内の細胞内にある有害物質のアンモニアを取り込み結合してグルタミンとなり、アンモニアの害から細胞を守ります。

◎グルタミン酸は脳内の抑制系の神経伝達物質ギャバの原料となります。ギャバは遊離アミノ酸で、リラックス効果や脳細胞の保護などの作用があります。

◎グルタミンは体内に最も多く存在する遊離アミノ酸です。非必須アミノ酸とされますが、ストレスや運動時には必要量が増し、体内での合成では必要量を十分供給できないといわれます。グルタミンは小腸粘膜やリンパ球、マクロファージなどの免疫細胞の主要なエネルギー源としても重要です。このため、ストレス時に分泌されるカテコールアミン(ストレスの項参照)などストレスホルモンが、筋肉からグルタミンが放出させ、免疫機構の活性化や小腸菅のバリア機能を高めようとするのです。

◎グルタミンは消化菅の粘膜成分であるムコ多糖類の生成を促進し、胃や腸を保護する作用があります。

◎遺伝子の核酸の原料となり、細胞の正常な再生、若さ維持に役立ちます。

◎グルタミンは脳の知的活動を高めるとされ、気分の落ち込みも改善します。

グルタミンの摂取目安

◎Lグルタミン(天然)、1日に500mgを1〜3回
*
◎空腹時に、最初は少なめ(1日、1〜2回)に、徐々に量を増やしてください。

スポンサード リンク


>


ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp


最新トピックス


関連トピックス

【野菜のアミノ酸が血圧を下げる 】7/7/2009
【グルタミンが胃炎と胃ガンを予防!?】5/17/2009

*

スポンサード リンク