アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > 月見草/γ-リノレン酸、ボラージオイル

月見草/ガンマ・リノレン酸

関節リウマチ。関節炎の症状緩和
アトピー性皮膚炎の症状緩和
月経前症候群の症状緩和
更年期症候群の症状緩和
*

◎学名:oenothera biennis 科名:アカバナ科
■ガンマ(γ)リノレン酸が豊富
◎夜に白い花を咲かせ、朝にはしぼむことから、月見草、待宵草という名をもち、英名はイブニングプリムローズといいます。この種子から摂った月見草油には、リノール酸と、普通の食用油にはあまり含まれないガンマ(γ)リノレン酸(GLA)が豊富に含まれます。一般に売られている月見草油は類縁にメマツヨイグサの種子から摂ったものです。

◎月見草の他には、ボラージオイルや、ブラックカレントオイルにも含まれます。ルリチシャ、オオルリソウ、ゴマノハグサの種子から摂った油を、食用に加工したものも販売されています。微生物から作られるものもあります。

ガンマ・リノレン酸はオメガ6系(n-6系)の多価不飽和脂肪酸で必須脂肪酸の一つです。体内でもリノール酸から合成されます。母乳に含まれる成分です。月経前症候群、更年期障害、やアトピー性皮膚炎、関節リウマチなどの症状の改善効果があるという報告がされています。
ページの先頭へ *
■月経前症候群(PMS), 更年期障害
◎月経前症候群(PMS)とよばれる一連の不定愁訴はホルモン様物質のプロスタグランジンが何らかの理由で不足し、ホルモンの乱れや、子宮内膜の機能が、正常に働かないためではないかという仮説から、その前駆体となるガンマ・リノレン酸を補給することで改善されるのではないかと考えられています。 ◎更年期障害にも効果が期待されています。英国では医薬品として用いられています。1日340mgで月経前症候群(PMS)の改善効果があったという報告もあります。臨床的確認はまだ十分とはいえません。
ページの先頭へ *
■アトピー性皮膚炎
◎アトピー性皮膚炎はプロスタグランジンがうまく働かず、炎症物質が過剰になって起こると考えられており、ガンマ・リノレン酸を摂ることで、症状が緩和されることが報告されています。またガンマ・リノレン酸は、表皮の水分調節に必要で、不足すると乾燥肌になります。

ガンマ・リノレン酸は体内でジ・ホモ-ガンマ-リノレン酸となり、これがプロスタグランジンの前躯体となります。プロスタグランジンE1は抗炎症物質で、関節リウマチの痛みの軽減などの効果があります。
◎他のプロスタグランジン、インターロイキン、ロイコトリエンへの作用も推測されています。

摂取目安量

◎アトピー性皮膚炎の症状緩和には1日6〜8g
◎PMSの症状緩和には1日3g
◎過剰摂取は逆効果になりますので、ご注意ください

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp


最新トピックス


関連トピックス

【月経前症候群(PMS)の症状を必須脂肪酸が低減!】1/24/2011

*

スポンサード リンク