アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > ビタミン&ミネラル> 葉酸

***ビタミンB のサプリメント***
***マルチビタミン&ミネラルのサプリメント***

葉酸

胎児の正常な成長
アンチエイジング
ガンの予防
脳梗塞、心筋梗塞の予防
貧血の予防
口内炎
不足は認知症、アルツハイマー病を予言
*

■授乳中、妊娠初期、妊娠を望む女性には必須の栄養素

◎かつてはビタミンMといわれました。ビタミンB群に含まれる水溶性のビタミンです。ほうれん草の葉から発見されました。ラテン語の「葉」を意味する「folium」と「酸」を意味する「acid」から葉酸(Folic acid)と名づけられました。

◎栄養機能食品の表示は「葉酸は、赤血球の形成を助ける栄養素です。胎児の正常な発育に寄与する栄養素です」とされています。

◎遺伝情報を伝達する遺伝子DNA/RNAの合成や、細胞の分裂・再生に不可欠です。胎児や乳児には必要不可欠な栄養素です。妊娠初期に不足すると胎児が二分脊椎症などの神経管閉鎖障害をもつリスクが高まります。授乳中、妊娠初期、妊娠を望む女性には必須の栄養です。
ページの先頭へ
*
■動脈硬化、ガン予防
◎ビタミンB6 、B12 とともに血中濃度が高いと動脈硬化を進めるといわれる血中のホモシステインを減少させる働きがあり、動脈硬化を予防し、心臓発作、脳卒中のリスクを軽減します。

◎大腸ガン、肺ガン、子宮頚ガン、卵巣ガン、直腸ガンの予防効果があるとされます。
ページの先頭へ
*
■肌の健康、貧血予防、他
◎タンパク質の代謝に欠かせません。

◎肌の新陳代謝を正常に維持し、肌の健康にも大切です。

◎口内炎を予防します。

◎ビタミンB12 が赤血球を産生するのを助け、貧血を改善します。

◎多量にお酒を飲む人は葉酸が消費されますので不足のないようにしてください。

◎名称から野菜だけに含まれているように誤解されますが、レバーやうなぎなど動物性食品にも多く含有されます。

葉酸の摂取目安量

◎栄養素摂取推奨量は、12 歳以上の男女ともに240μg、上限が 1300〜1400μgとされています。
◎栄養機能食品としては上限 200 μg、下限 70 μgとなっています。
*
◎妊婦は+ 200 μg、授乳中は+ 100 μgとされています

併せて摂りたい栄養素

◎ビタミンB 群として摂取したほうが良いとされます



スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連記事

ライブラリ


Web www.rda.co.jp

最新トピックス


関連トピックス

【父親の食事が子どもの健康に重要な影響を及ぼす!?】12/14/2013
【ビタミン B 群サプリが脳の縮小、記憶力の低下、認知症を防ぐ!?】5/22/2013
【ビタミンB が失明(加齢黄斑変性)を予防!?】5/8/2013
【若い時の緑葉野菜の摂取が将来の高血圧を予防!】4/9/2012
【記憶力の低下をビタミンB群サプリが防ぐ!】12/20/2011
【妊娠前後の葉酸サプリが子どもの言語発達の遅れを防ぐ!】10/14/2011
【ビタミンBサプリが記憶力を守り認知症を防ぐ!?】9/15/2011
【大腸がんをビタミンB群の葉酸が予防!食事とサプリメントの両方が有効】8/9/2011
【青葉野菜、葉酸が大腸がんを防ぐ!】7/7/2011
【乳がんの予防に緑葉野菜が役立つ!】4/22/2011
【青菜が大腸がんを予防! 葉酸が大腸がんのリスクを下げる!】1/31/2011
【聴力の低下にビタミンB不足が影響】12/6/2010
【ビタミンBが認知症を予防!?】9/9/2010
【ビタミンBが心臓病と脳卒中による死亡を防ぐ!!!】4/16/2010
【ビタミンBサプリで、肺ガンのリスクが増加 !? 葉酸とビタミンB12】11/19/2009
【緑葉野菜が大腸がんのリスクを半減!!】9/8/2009

スポンサード リンク