アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > 卵黄油

卵黄油

コレステロール値の低下
動脈硬化予防
脳の健康
抗酸化
冷え性、肩こり(血行改善)
*

◎卵黄油とは鶏卵の卵黄を弱火にかけ長時間混ぜ続けてできた油です。古くから民間の健康食品として利用されてきました。

◎成分の約3割は脳や神経細胞の細胞膜の成分であるリン脂質です。この中にはレシチン/ホスファチジルコリンが含まれます。レシチンはLDL(悪玉)コレステロール値や中性脂肪値を下げる効果があります。逆にHDL(善玉)コレステロール値を増やす効果もあります。これにより動脈硬化を防ぎ、心筋梗塞や脳血管疾患を防ぎます。

◎ホスファチジルコリンは脳内の神経伝達物質のアセチルコリンを合成する際の材料となるため、脳の機能低下、認知症の予防に役立つと考えられています。集中力や記憶力を向上させ、気分の落ち込みなども改善するとされています。

◎卵黄油には血行を改善し抗酸化作用をもつビタミンEも多く含まれます。冷え性や肩こりに効果が期待できます。悪玉コレステロールの酸化を防ぎます。

◎他にリノール酸やオレイン酸も含まれます。これらの脂肪酸にもコレステロール値を下げる効果があります。

◎他にレシチンには肝臓に脂肪が蓄積されるのを防ぐ効果が報告されています。

摂取目安量

◎朝晩2〜3滴
◎ホスファチジルコリンで1日300mg。有効成分の含有量が表示されているものを。

併せて摂りたい栄養素

◎水溶性抗酸化ビタミンの代表であるビタミンC

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp


最新トピックス


関連トピックス

*

スポンサード リンク