アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > クミン(クミンシード)

クミン(クミンシード)

健胃
整腸作用

◎学名:Cuminum cyminum L. 科名:セリ科

◎エジプトなどを原産とする一年草。 ギリシャ人が古くから利用しており、クミンの名称も、ギリシャ語のクミノン(kuminon)、ラテン語クミヌム(cuminum)に由来します。

◎カレーに欠かせない香辛料(スパイス)で、種子(クミンシード)が使用されます。カレーの特有の香りはクミンによります。

◎和名・漢名では馬芹(ばきん、まきん、うまぜり)といいます。茴香(ウイキョウ 英名:フェンネル)は仲間です。

◎香りの主成分はクミンアルデヒドです。アロマテラピーの精油(エッセンシャルオイル)としても使用されます。

◎漢方では胃薬として用いられます。消化促進作用、胃腸内にガスがたまるのを防ぐ作用、整腸作用があります。東南アジアやインドでは下痢や腹痛に利用されます。

スポンサード リンク





ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp


最新トピックス


関連トピックス

「かぜ(風邪)といえば葛根湯(かっこんとう)って?」アライブ!サプリメントカフェ 12/17/2005

*

スポンサード リンク