アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > クランベリー

ご購入はこちらからどうぞ!!
***クランベリージュース***

クランベリー

尿路感染症の予防・改善
歯周炎の予防
コレステロールの酸化予防
*

◎学名:Vaccimium macrocarpon  科名:ツツジ科コケモモ属 和名:ツルコケモモ
◎もともと日本、北アメリカ、ヨーロッパの寒冷地に自生する低木で、直径1cmほどの深紅色の実をつけます。現在は米国で品種改良されて広く栽培されており、サプリメントの他、菓子用や料理のソースなどとして利用されておりポピュラーです。ネイティブアメリカンが薬として利用しました。

◎泌尿器系疾患、特に尿路感染症に効果があることが知られています。医療の現場でも利用されています。

◎主な有効成分はキナ酸という物質です。肝臓で代謝されて馬尿酸となり、尿のPHバランスを正常に保ち、感染症を防ぎます。また老廃物の排出を促し、症状の改善を助けます。

◎またブドウ種子ポリフェノールとして有名なプロアントシアニジンを含み、感染菌の増殖や、尿管の上皮に付着するのを阻害し感染症を防ぎます。

◎口内細菌等にも同様に働き、歯周病予防やピロリ菌を減らす効果も報告されています。果実の赤色色素はアントシアニンでともに強力な抗酸化成分として働きます。

コレステロール値の上昇抑制、LDLコレステロールの酸化予防、動脈硬化予防効果も注目されています。

◎ビタミンCの含有量はアセロラより多く、ビタミンCの供給源としても利用できます。

◎女性は身体的特性により尿道や膀胱に細菌が進入しやすいため、膀胱炎や尿道炎を起こしやすくなります。女性の60%は一度は経験するといわれます。再発率も高いため、クランベリーのサプリメントやジュースを予防に利用することは効果的でしょう。

◎果実は酸味、渋みが強いため、前述の効果を期待する場合はサプリメントかジュースなどの加工品で摂取するのが良いでしょう。

摂取目安量

◎特にありませんが、濃縮タイプのサプリメントで、果実にして11〜12g相当分を1日1〜2回と表示されています。

スポンサード リンク




ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp


最新トピックス


関連トピックス

【クランベリージュースが尿路感染症を防ぐ】9/26/2012
【感染症の予防にはクランベリーのサプリよりジュース!】10/31/2011

*

スポンサード リンク