アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > コラーゲン

***サプリメントのご購入はサプリメント・ショッピングナビ***
***メタボリック -- 血圧、血糖値、コレステロール、中性脂肪、腹部肥満 -- が気になる方のためのサプリメント
***コラーゲンのサプリメント

コラーゲン

関節炎、変形性関節症に伴う症状の改善
関節軟骨の保護と関節炎の予防
骨粗鬆症の予防と改善
肌のハリ
アンチエイジング
*

◎コラーゲンは人体の全たんぱく質の30%を占め、細胞間に存在し細胞同士を結合させる働きを持っています。皮膚や骨、軟骨に多く、肌のハリや弾力を生み、関節の動きを滑らかにしています。体内でコラーゲンは分解、合成されていますが、加齢によって合成が分解に追いつかなくなり、体内のコラーゲン量が減少してきます。しわやたるみ、関節のトラブルの原因となります。

◎コラーゲンはたんぱく質のため、経口摂取しても消化分解されてしまいますが、体内でのコラーゲン合成の際の材料となりやすいと考えられています。実験でも確認されています。さらに吸収、再合成されやすいコラーゲンとして低分子化したコラーゲンペプチドのサプリメントが販売されています。

◎関節炎の症状の改善が臨床試験で確認されています。

◎肌の水分量、柔軟性、弾力性について従来型のコラーゲンでも効果が報告されていますが、低分子型のコラーゲントリペプチドのサプリメントを10週間経口摂取した場合、肌の真皮層のコラーゲン量が従来型のコラーゲンを摂取した場合の約2倍増えたという報告があります。コラーゲンの合成の際にはビタミンCが必要です。

◎肌にコラーゲンを塗っても、分子が大きいため吸収されませんが、保湿効果はあります。

コラーゲンの摂取目安

◎特に決まった量はないが、1日2000〜3000mg
*
◎短期では効果が出にくいので、継続的摂取が望ましいです。
◎コラーゲン合成に必要なビタミンCと一緒に摂取するのが効果的です。
◎関節に痛みがある場合は医師の診断を受けた上で摂取すること。

併せて摂りたい栄養素

【肌のハリのために】
ビタミンC
ビタミンB群
*
【関節炎等の予防・改善のために】
ビタミンC
グルコサミン
コンドロイチン硫酸
MSM(メチル・スルフォニル・メタン)

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.
Web www.rda.co.jp


サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


最新トピックス

【コラーゲンの摂取は本当に皮膚や関節に役立つ!?】11/7/2010

スポンサード リンク