アライブ!サプリメントカフェ

サプリメントハーブ > カモミール、カモマイル、カミツレ

>

カモミール

不眠、良い眠り
リラックス、抗ストレス
消化促進
神経性の便秘や下痢、腹痛
生理痛の緩和
ノドや鼻の炎症
口内炎
目の疲れ
乾燥肌
糖尿病の予防、進行を抑えて合併症を予防
*

◎ジャーマンカモミール 学名:maticaria chamomile 科名:キク科
◎ローマンカモミール 学名:chamaemelum nobile  科名:キク科
◎ギリシャ語の「大地のリンゴ」に由来する名称のカモミールは青リンゴのような甘い香りがします。ジャーマン種とローマン種があります。ローマン種のほうが少し苦味のあるシャープなフレーバーです。成分も異なります。

◎通常ハーブティとして売られているものはジャーマン種が多いようです。カモミールは仏語で、カモマイル(英語)、カミツレ(オランダ語)と呼ばれることもあります。花を乾燥させてハーブティ、蒸留して精油(エッセンシャルオイル)としてアロマテラピーに利用されます
*
◎鎮静作用があり、リラックスのため、良い眠りのためのハーブティとして利用されます。ストレスや不安で落ち着かない時などにも有効です。神経性の便秘や下痢、腹痛にも効果があります

◎健胃、消化促進効果もあるため食後のお茶にも適します

◎有効成分のカマズレン(乾燥させた花にのみ存在)、α-ビサボロールは消炎鎮痛作用で知られ、粘膜の炎症に効果があり、風邪の初期などのノドや鼻の炎症、口内炎などに効果があります

◎フラボノイドのアピゲニンは強力な鎮痙効果があります
*
◎精油を利用した湿布、もしくはハーブティを抽出した後のティーバックを目にのせるアイパックは目が疲れたときに。

◎お風呂のお湯に精油やハーブのエキスを溶かすと肌がしっとりし乾燥肌の方にお勧めです

カモミールの摂取目安

【サプリメント】
◎乾燥粉末のサプリメントの他に、バレリアンなどとブレンドで睡眠用サプリメントが市販されています。
アピニゲン1.2%で標準化したサプリメントも市販されています。
【ハーブティ】
◎ドライハーブで一人分(150cc)ティスプーン山盛り1杯。
◎食後にペパーミントとブレンドして。
◎就寝前にはレモンバーム、ラベンダーとブレンドして。
◎風邪の初期にはローズヒップ、エルダーフラワーとブレンドして。




スポンサード リンク





ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状

アロマテラピー

方法

ハーブ

ライブラリ


Web www.rda.co.jp

最新トピックス


関連トピックス

*

スポンサード リンク