アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > ビタミン&ミネラル > Lカルニチン

*** L-カルニチンのサプリメント***

Lカルニチン

ダイエット
心臓の健康
妊娠糖尿病の発症予防
*

■脂肪の燃焼を促進することでダイエット効果
◎カルニチンは脂肪代謝に不可欠な成分です。血液中の脂肪酸を細胞中のミトコンドリア内に取り込む働きをしています。ここで脂肪酸はエネルギーに変えられます。

◎脂肪には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞がありますが、カルニチンは褐色脂肪細胞を活性化することでリパーゼという脂肪分解酵素を分泌させ、脂肪をエネルギーに変換されやすい遊離脂肪酸に変えます。

◎以上の働きにより、運動によって体重を減らす際に、効率よく体脂肪をエネルギーに変換できます。
ページの先頭へ
*
■心臓の働きを助ける
◎体内のカルニチンの98%は心筋と骨格筋に含まれます。狭心症、心不全、心筋梗塞の患者ではカルニチンの減少がみられ、摂取によって症状が最善されたという臨床試験結果が報告されています。欧米では心臓の働きを良くするサプリメントとして利用されています。
ページの先頭へ
*
■体内でも合成される成分
◎カルニチンは特殊なアミノ酸で、ビタミンに分類されたこともあるビタミン様物質です。L対とD体がありますが、健康効果を求めて利用されるのはL体のLカルニチンです。

◎食品では羊肉など赤身の肉に多く含まれます。体内でも肝臓や腎臓でアミノ酸のメチオニンとリジンから合成されます。この際、鉄、ナイアシン、ビタミンCなどが必要です。20歳頃をピークに加齢とともに体内量が減少していくといわれ、これが中年太りの原因の一つと考えられています。
ページの先頭へ
*
■アセチルLカルニチン
◎カルニチンのアセチル誘導体アセチルLカルニチンは脳内の認知に関わる神経伝達物質アセチルコリンを合成する際の原料となるため、認知機能の改善が期待され、臨床試験で効果が報告されています。米国ではポピュラーなサプリメントですが、日本では健康食品としての使用が認められていません。
ページの先頭へ

カルニチンの摂取目安

◎1日300〜500mg
◎上限1000mg。ライフスタイルや、加齢によって体内量が減少するため年代によって目安がかわります。
◎心臓疾患等で治療をうけている方は医師に相談の上で摂取してください

併せて摂りたい栄養素

マルチビタミン&ミネラル
ビタミンB群
【脂肪燃焼に効果のある成分】
クレアチン、脂肪を分解する共役リノール酸、カルニチンが運んできた脂肪酸を燃焼サイクルに取り込むコエンザイムQ10などと組み合わせると一層効果的

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp

最新トピックス


関連トピックス

【牛豚肉、カルニチンが心臓と血管にダメージを与える!?】4/9/2013

*

スポンサード リンク