アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > ビタミン&ミネラル > カルシウム

***カルシウムのサプリメント***

カルシウム

骨と歯の健康維持
精神の安定
大腸ガンの予防
高血圧の予防
コレステロールの吸収を抑制
血液の凝固を予防、血栓ドロドロの予防
*

■カルシウムとは
◎カルシウムは栄養上必要な微量元素、ミネラルです。体内に存在するカルシウムの 99 パーセントは骨と歯に含まれています。残りの 1 パーセントが筋肉や血液中に電解質として存在しています。
◎栄養機能食品の表示は「カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です」とされています。
ページの先頭へ
*
■骨はカルシウムの貯蔵庫
◎カルシウムの代謝は副甲状腺ホルモンなどによってコントロールされ血液中のカルシウム濃度は一定に保たれています。

◎骨はカルシウムの貯蔵庫で、カルシウムは骨に貯えられたり、血液中に溶け出したりしています。このバランスがくずれ。溶け出す量が方が多くなると、骨がスカスカになり骨粗鬆症になります。

◎女性ホルモンのエストロゲンはカルシウムが溶け出すのを抑制しています。

◎ビタミンD はカルシウムの吸収を促進して骨を健康に保ちます。腸管からのカルシウムの吸収を高める効果があります。また、ビタミンD は血液中のカルシウム濃度をコントロールする働きがあり、カルシウムを骨からの溶け出させたり骨へ吸収されるように促したりします。
ページの先頭へ
*
■血液中のカルシウムの働き
◎電解質として血液中に存在するカルシウムは筋肉の収縮、心臓の拍動の調節、細胞の分裂・増殖、血液の凝固、唾液・胃液などの分泌、ホルモンの分泌、神経活動、免疫機能の維持など重要な生命活動に関わっています。

◎カルシウムが不足すると、イライラしたり情緒不安定になったりするといわれます。カルシウムはイライラを鎮める効果があるとされます。
ページの先頭へ
*
■マグネシウムと二人三脚
◎これらの作用をマグネシウムが助けます。カルシウムとマグネシウムのバランスが大切で、サプリメントで摂取する場合はカルシウムがマグネシウムの同量から2倍になるようにするのが良いとされます。

1日の摂取目安量

◎栄養素食事摂取目安量は、 男性は15〜29歳が800mg、30〜49歳が 650mg、50歳以上が700mgです。女性は15歳以上が650mgです。上限は男女ともに2300mgです。
◎栄養機能食品の摂取目安量は、上限 600 mg、下限 250mgとなっています。

併せて摂りたい栄養素

【骨の健康のために】
マグネシウムビタミンD

***お勧めのカルシウムのサプリメントはこちら***

*
スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp

最新トピックス


関連トピックス

【乳製品がコレステロール値を改善!?】3/15/2014
【運動前の牛乳が骨と筋肉を守る!?】6/24/2013
【カルシウムに長生き効果あり !?】5/29/2013
【「適度の」カルシウムが脳卒中を予防 !?】4/7/2013
【カルシウムの過剰摂取は心臓病・死亡リスクを 3 倍に?】2/14/2013
【牛乳が肺がんを予防!? 非喫煙者の肺がんを防ぐ!】12/28/2012
【カルシウム不足がホルモン異常につながる!?】10/22/2012
【ビタミンD&カルシウムが寿命を延ばす!?】6/17/2012
【カルシウムのサプリが心臓発作のリスクを増やす!?】5/24/2012
【カルシウムとビタミンDが内臓脂肪を撃退!】12/15/2011
【ミネラルが脳卒中のリスクを減らす!?増やす!?】5/31/2011
【カルシウムは多量に摂取する必要なし!?】5/26/2011
【カルシウムが心臓発作のリスクを高める!?】4/21/2011
【ダイエットの成功に牛乳とカルシウムとビタミンD!】9/22/2010
【カルシウムが心臓発作のリスクを増やす!?】7/30/2010
【適量のカルシウムでも前立腺がんのリスクが増加!?】6/3/2010
【長寿のためにはカルシウムをたくさん摂って!!】2/28/2010
【乳製品、カルシウムが糖尿病を予防!?】2/24/2010
つづき

*

スポンサード リンク