アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > ビール酵母

ビール酵母

疲労回復
高血圧の予防
コレステロール値の低減
骨粗鬆(しょう)症の予防
便秘
抗アレルギー
*

■ビール酵母とは
◎ビール酵母の薬効の最古の記録は紀元前3,500年頃のシュメール人の楔形文字ともいわれるます。医祖ヒポクラテスも治療に使用したそうです。

◎ビールは麦芽を煮てつくった麦汁に酵母を加えて発酵させてつくります。麦汁の発酵が終わりビールができると、「ビール酵母」もできあがります。このビール酵母を乾燥させたものがサプリメントとして製品化されています。ビールに使われる酵母は、パンと同じ「サッカロミセス属」の酵母ですが、種類は無数にあります。余談ですが酵母のわずかな違いによってビールの味が変わるそうです。
ページの先頭へ
*
■アミノ酸、食物繊維が豊富
◎ビール酵母の約50%がタンパク質(アミノ酸)、約30%が第6の栄養素として注目の食物繊維、残りの20%が10種類のビタミン、ミネラル、核酸(DNA/RNA)、グルタチオンなどが含まれます

◎グルタチオンは強力な抗酸化物質で、解毒作用ももちます。

◎身体をつくるタンパク質を構成する20種類のアミノ酸のうち、すべての必須アミノ酸(9種)と非必須アミノ酸9〜12種の計18〜20種のアミノ酸を含みます。
ページの先頭へ
*
■ビタミン
ビタミンB1のほかB2、B6、B12など10種類のビタミンB群を含みます。ビタミンB群は代謝と神経のビタミンといわれ、体内でエネルギーを作り出すために必要で疲労回復に役立ちます。他に健康な肌や神経の維持に必要です。
ページの先頭へ
*
■ミネラル
◎含まれるミネラルの40%はカリウムです。ナトリウム(塩分)の排出や高血圧の予防、心臓の健康に役立ちます。他にカルシウムマグネシウム、鉄、亜鉛セレンクロム、マンガンなどが含まれます。
ページの先頭へ
*
■核酸(DNA/RNA)
核酸(DNA/RNA)は生物の細胞核に含まれる物質で、新しい細胞をつくる際に必要でず。体内で合成されますが、その材料となります。アンチエイジング、若さ維持に有効といわれます。
ページの先頭へ
*
■エルゴステロール
◎細胞膜に含まれるエルゴステロールという脂質成分にはコレステロール値を下げる効果があり、ヒト試験で確認されています。カルシウムの吸収促進作用もあり骨密度の向上に役立ちます。
ページの先頭へ
*
■食物繊維、β-D-グルカン
◎細胞壁には整腸作用のある食物繊維の他、免疫力を高める作用をもつβ-D-グルカンが含まれています。食物繊維にはコレステロール値を下げる作用もあります。
◎ビール酵母は、他に、抗アレルギー・腸管免疫増強、腎機能改善、ミネラル吸収促進などが動物実験で報告されています。

スポンサード リンク



摂取目安量

◎多様な栄養素を含みますが、含有量は微量の場合もあり、また製品によっても含有量が異なるため、表示の成分と含有量を確認して自分の目的に応じて摂取する必要があります。


ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


最新トピックス


関連トピックス

*

スポンサード リンク