アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > ビタミン&ミネラル > ビオチン

ビオチン

肌、髪の健康維持
皮膚炎の改善
疲労
抗アレルギー
*

◎かつてはビタミンHともいわれました。ビタミンB群に含まれます。腸内細菌によって体内でも合成できます。

◎栄養機能食品としての表示は「ビオチンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です」となっています。

◎炭水化物、タンパク質と脂肪の代謝の補酵素として働きます。脂肪の分解と合成、アミノ酸の分解と合成にかかわっています。肝臓で乳酸からエネルギー源のグルコーゲン(糖の一種)を合成する糖新生を助け、エネルギーの生産を高めます。

◎遺伝子情報伝達の働きをするDNA/RNA合成と細胞分裂を助け、皮膚・頭髪の健康維持と、皮膚炎等の改善、抜け毛の予防と改善、白髪の予防に役立ちます。

◎ビオチンはヒスタミンの原料となるヒスチジンを体外に排泄する働きがあることから抗アレルギー効果が期待されています。

◎不足すると疲労感、湿疹、皮膚炎、結膜炎、貧血などがおきます。

スポンサード リンク




ビオチンの摂取目安量

◎栄養素摂取目安量は12歳以上の男女で、1日50μg、上限設定はありません。
◎栄養機能食品の1日当りの摂取目安量は上限500μg、下限10μgです。
*
◎卵黄に多く含まれますが、生の卵白に含まれるアビジンが吸収を阻害します。卵白をしっかり加熱すれば問題ありません。

併せて摂りたい栄養素

◎ビタミンB群として摂取したほうが良いとされます。


ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


最新トピックス


関連トピックス

*

スポンサード リンク