アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > ビタミン&ミネラル> ビタミンA、βカロテン

サプリメントのご購入は***サプリメント・ショッピングナビ***
*
***ベータカロテンのサプリメント***
***マルチビタミン&ミネラル***

ビタミンA / βカロテン

抗酸化作用
肌、粘膜の健康維持
目の健康維持
ガン予防
動脈硬化予防
生殖機能維持
*

■レチノールとβカロテン
◎ビタミンAはレチノール様の生理活性をもつ物質の総称です。動物性をレチノール、緑黄色野菜に含まれる色素で植物性をカロテン(カロテノイド)といい、βカロテンが代表です。

◎レチノールは体内に入るとそのまま肝臓に届き、効果が早くでます。過剰摂取すると肝臓に蓄積され中毒症状が出るとされます。

◎βカロテンは体内(小腸)で、必要な量だけビタミンA(レチノール)へ変換されるためプロビタミンAとも呼ばれ、過剰摂取の心配がないとされます。

◎日本のサプリメントは、βカロテンが主流です。レチノールとβカロテンの両方を摂取するが良いとされます。
ページの先頭へ
*
■視力や皮膚の健康、抗酸化作用など
◎栄養機能食品の表示は「ビタミンAは、夜間の視力の維持を助ける栄養素です。皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です」とされています。

◎レチノールの活性型はレチノールとレチノール酸があります。レチノールは目の網膜の視覚色素ロドプシンの材料で、視力の維持など目の健康に必要です。

◎レチノール酸には成長促進作用があり、皮膚や粘膜、毛髪の健康を保ち、丈夫にします。気管や消化管の健康を維持します。皮膚ガン、乳ガン、白血病などの予防、抑制作用があります。

◎生殖器機能の健康維持に役立ちます。

◎ビタミンAが不足すると、肌の乾燥、目の角膜の乾燥、夜間視力の低下、口内炎などが現れます。

◎βカロテンには活性酸素を除去する抗酸化作用をあります。このことからガン予防、動脈硬化予防など期待されます。

◎他の栄養素の効果を促進する働きもあり、ビタミンB、E、D、カルシウム、亜鉛、リンはビタミンAを必要とします。

ビタミンA/βカロテン摂取の目安量

◎栄養素食事摂取推奨量は、男性は18〜69歳が850μgRE 、70歳以上が800μgREです。女性は30〜69歳が650μgRE、18〜29歳、70歳以上が650μgREです。上限量は2,700 μgREとなっています。
*
◎レチノール当量(RE) は、1 IU = 0.33 μg RE 。
◎β-カロテン 6 μg がレチノール 1 μg 。
*
◎栄養機能食品として1日の摂取目安量は、ビタミンA/Βカロテンで、上限600μg/3,600μg、下限180μg/1,080μg、となっています。

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp

最新トピックス


関連トピックス

【ニンジンが大腸がんを予防 !?】3/31/2013
【野菜や果物が人々を楽観的にする!?】1/18/2013
【腸内細菌が脳卒中を予防!?】12/17/2012
【ビタミンC 、ベータカロテンが脳と記憶力を守る!?】9/13/2012
【緑黄色野菜が膀胱がんのリスクを半減!?】9/8/2012
【食事が肌色と魅力に影響!?】3/8/2012
【視力喪失の予防に役立つ4つの栄養素!】6/17/2011
【ニンジンに長寿効果!?】11/23/2010
【悪い脂肪は肌老化を促進!良い脂肪にアンチエイジング効果!!】5/26/2010
【乳ガンの予防にニンジン!?】7/23/2009

*

スポンサード リンク