アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > アミノ酸

アミノ酸

■アミノ酸の働き
◎アミノ酸はタンパク質や神経伝達物質の構成成分です。私たちは体内でアミノ酸からタンパク質を合成し身体の組織をつくり、脳の働きや代謝機能を可能にしています。
◎食事で摂ったタンパク質は分解されてアミノ酸となりアミノ酸プールに貯えられ、必要に応じて利用されます。
◎最近の研究で、目的の応じてアミノ酸の形で摂取することで、個々のアミノ酸の効能が効率的に利用されることがわかってきました。
ページの先頭へ
*
■必須アミノ酸、非必須アミノ酸
◎私たちの身体のタンパク質は20種のアミノ酸から構成されています。この中で体内で合成することができず、食事等で摂取しなければならない9種を必須アミノ酸、体内で合成できるアミノ酸を非必須アミノ酸といいます。他にタンパク質を構成することなく体内で働くアミノ酸を遊離アミノ酸といいます。
ページの先頭へ
*
■必須アミノ酸
◎必須アミノ酸はメチオニンスレオニンフェニルアラニントリプトファンロイシン、イソロイシン、バリンリジン、ヒスチジン(子供は必須)の9種です。
ページの先頭へ
*
■非必須アミノ酸
◎非必須アミノ酸はチロシンシステイングルタミン酸、グルタミンアスパラギン酸、アスパラギン、アラニン、アルギニン、セリン、プロリン、グリシンの11種です。
ページの先頭へ
*
■遊離アミノ酸
◎遊離アミノ酸として良く知られているのはタウリンGABA(ギャバ(γアミノ酪酸))、グルタチオン、テアニンオルニチンなどがあります。
ページの先頭へ
*
■個性派アミノ酸
◎アミノ酸の一種に、SAMe/活性メチオニンがあります。
◎効能・働きに注目して摂取されるアミノ酸の代表的なものとして、アスリートの筋肉増強に利用されるBCAA(ロイシン、イソロイシン、リジン)や、「しみ」の元となるメラニンの生成を阻害、排出する美肌効果があるLシステイン、疲労回復効果があるアスパラギン酸、精神安定、血圧安定効果のあるギャバ、テアニンなどがあります。

アミノ酸の摂取目安

◎1日当たり通常は1〜2g、アスリートは2〜6g程度
◎サプリメントに含有されるアミノ酸の内容をチェックし目的にあったものを選ぶこと。

最新トピックス


関連トピックス

【生薬ゴシュユのカプサイシン様物質に肥満予防効果】10/20/2005

*

併せて摂りたい栄養素

マルチビタミン&ミネラル
ビタミンB群B6
ビタミンC

スポンサード リンク




ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの基礎知識

アミノ酸

ライブラリ


最新トピックス


関連トピックス

【アミノ酸のリジンとアルギニンで抗ストレス性が向上】10/15/2005
【アミノ酸の一種カルノシンを含む顔用シートマスクで肌の弾力とキメを改善】7/19/2005
【アミノ酸のグリシンに睡眠の質を高める効果を確認】6/29/2005

*

スポンサード リンク