アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > ビタミン&ミネラル > α(アルファ)リポ酸

***アルファリポ酸のお勧めサプリメント***

α(アルファ)リポ酸

抗酸化作用
中性脂肪の低減
ダイエット
生活習慣病(糖尿病等)の予防と改善
アンチエイジング
デトックス(解毒)
運動の際に
肉体疲労時に
*

■糖分の代謝、エネルギー産
◎α(アルファ)リポ酸は生体のすべての細胞に微量存在する補酵素で、チオクト酸ともいいます。

◎肉体疲労時の栄養補給医薬品に配合されていました。2004年春に医薬品から食品に区分が変更され健康補助食品として販売されるようになりました。

◎糖分の代謝に必要です。エネルギー産生する細胞内のミトコンドリアのクエン酸回路に入れるため、αリボ酸は解糖によってピルビン酸に変化した糖分を、アセチルCoAに変化させます。糖分はクエン酸回路から呼吸鎖を経てエネルギーとなって使用されます。
ページの先頭へ
*
■ダイエット
◎この変化がうまくいかないとピルビン酸は中性脂肪となり脂肪細胞に蓄えられてしまいます。この働きに着目して、αリボ酸はダイエットのサプリメントとして人気です。アミノ酸のロイシン(分岐鎖アミノ酸BCAAのひとつ)と一緒に摂取すると脂肪蓄積を30%も抑えるという報告があります。

◎体内で合成され、食物からも摂取されますが、αリポ酸は20歳頃をピークに加齢とともに体内量が減少していくといわれ、これが中年太りの原因の一つと考えられています。
ページの先頭へ
*
■抗酸化作用のネットワークの要
◎最近注目されているのが抗酸化作用です。抗酸化物質は各々働きが決まっていますが、αリボ酸は他の抗酸化成分が不足している場合はその補完をし、さらに活性酸素を除去後、自身が酸化することで、効力を失ったビタミンEやC、CoQ10などの抗酸化物質を還元し再活性化します。αリボ酸は抗酸化成分ネットワークの要となっています。

◎他にアンチエージング、生活習慣病の予防や美容効果が期待されています。

◎αリポ酸は水にも油にも溶けやすいので、水分が多い細胞内や血液、脂質の細胞壁、どちらでも作用でき、体内のあらゆる場所で抗酸化物質として働くことができます。

◎血液脳関門を通過できるため脳卒中による障害の改善にも役立つといわれています。
ページの先頭へ
*
■糖尿病予防
◎米国では糖尿病予防のサプリメントとしてポピュラーです。インスリンの働きを良くすると考えられています。糖代謝に必要なビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEと一緒に摂ると効果的とされています。
ページの先頭へ
*
■肌のアンチエイジング
◎体液中の糖分が過剰になると体内のコラーゲンなどのたんぱく質を糖化変性させ、これが肌の弾力低下、老化の一因と考えられています。αリポ酸はこのタンパク質の糖化を防ぎます。
ページの先頭へ
*
■解毒作用(デトックス)
◎日本では医薬品成分として中毒や肝障害の治療に使用されていました。これはαリポ酸がもつ「キレート作用」により体内の有害金属の排出を促すからです。
ページの先頭へ

αリポ酸の摂取目安

◎1日 50 〜 100 ミリグラム
◎加齢によって体内量が減少するされるため年代によって目安がかわります。
◎運動量によっても変わります。

注意 ◎体質によっては、まれに低血糖の症状がでる場合があります。「冷や汗、手足のしびれや震え、めまい、意識がもうろうとする、激しい空腹感」などの低血糖の症状がでた場合は、すぐに摂取を中止して、医師に相談してください。

併せて摂りたい栄養素

【糖代謝・抗酸化作用に着目した基本のサプリメントとして】
マルチビタミン&ミネラル
ビタミンB群
ビタミンC
ビタミンE
コエンザイムQ10
*
【追加サプリメント:ダイエット効果】
ロイシン
*


スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp

*

最新トピックス


関連トピックス

*

スポンサード リンク