アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > 脳卒中 ( 脳梗塞、脳出血 ) の予防

***血圧が気になる方へのサプリメント***
***コレステロールが気になる方へのサプリメント***
***メタボリックシンドロームが気になる方へのサプリメント***

脳卒中 ( 脳梗塞、脳出血 ) の予防

■脳卒中 ( 脳梗塞、脳出血 ) の予防  | ■脳卒中 ( 脳梗塞、脳出血 ) の予防のサプリメント

脳卒中 ( 脳梗塞、脳出血 ) の予防

■脳卒中 ( 脳梗塞、脳出血 ) の予防
◎脳卒中は、脳の血管に血の固まり -- 血栓 -- が詰まる脳梗塞と、脳の血管が脆くなって破れて出血する脳出血の、 2 種類が主なタイプです。他に一過性脳虚血発作があります。

◎脳出血には、脳内で出血がおこる脳内出血と、脳を覆っている髄膜の内側の層と中間層(くも膜)の間に出血が起こるくも膜下出血があります。

◎かつては、脳出血が主流でしたが、最近は脳梗塞が増加しています。脳卒中は、日本人で、がん、心臓病に続いて多い死因です。寝たきりとなる原因のトップで、介助を要する後遺症を残す、最大の病気でもあります。

◎脳卒中の約 65 パーセントが脳梗塞、 25 パーセントが脳出血、残りの 10 パーセントがくも膜下出血です。

◎ 70 代の高齢者に多くおきますが、 30 代、 40 代でも発病することがあります。

◎脳出血は、弱くなった血管が、血圧の上昇が原因で破れて、出血するものです。

◎脳梗塞は、心臓か首の動脈で出来た血栓が脳の血管に詰まるか、動脈硬化で血管が細くなり流れが悪くなっている所に、小さな血の塊が詰まって、脳の組織が壊死(えし)してしまいます。心臓の血管で詰まれば心筋梗塞です。

◎脳梗塞の中の心原性脳塞栓症は、一番多い原因は心房細動です。

◎脳梗塞は、動脈硬化症が主な原因となっています。生活を見直すことで、あるていど予防できます。動脈硬化症は、血管の壁にコレステロールなどの脂質が蓄積して障害物をつくり、血管が狭くなった状態です。

◎メタボリックシンドロームは、心臓病のリスク因子が集合した状態ですが、動脈硬化を促進して、脳卒中のリスクを高めます。

◎高血圧、喫煙、高コレステロール血症、高血糖値 ( 糖尿病 ) は、4 大危険因子です。さらに、肥満やストレス、加齢もリスクを高めます。肥満は糖尿病、高血圧、高脂血症 ( 脂質異常 ) 、脂肪肝と、あらゆる代謝系の病気を起こす原因になります。

◎脳卒中の予防には、メタボリックシンドロームの予防と改善が大切です。禁煙、適度な運動習慣、ストレスの管理、肥満の改善、食生活の見直しが、脳卒中の予防に有効です。塩分や脂肪を控えて、野菜や魚を積極的にたべるようにする。 1 日 30 分程度の活発なウォーキングなどの中度の強さの有酸素運動を週に 3 回以上するなどがあげられます。

◎脳梗塞は、アルツハイマー病についで多い認知症の、血管性認知症の原因となります。

ページの先頭へ
*
■脳卒中 ( 脳梗塞、脳出血 ) の症状
◎ t-PA という血栓溶解薬が 2005 年に日本でも承認されました。脳梗塞の状態によっては、脳梗塞が発生して 3 時間以内であれば、多くが後遺症をほとんど残さずに社会フ復帰できます。

◎この治療を受けるためには、脳卒中の発症から 1 時間以内に、 t-PA の治療が可能な脳神経外科医のいる病院に到着する必要があります。脳出血の危険性など、 t-PA に適する状態かどうかの検査に時間が必要です。

◎脳卒中を疑うべき兆候を知っていることが大切です。米国心臓協会が提唱している心臓発作 ( ハートアタック )をもじった、脳卒中に対する 「 ブレインアタックキャンペーン 」 で、脳卒中を疑う症状として以下を挙げています。キャンペーンの標語は、「Time is Brain!」 で、 t-PA だけではなく各治療法には、効果が期待できる、発症してからの時間制限があります。

1. 顔、手足など身体の左右の半身が、力が入らなくなる、突然しびれるといった症状が出たとき。

2. 急に片目が見えなくなる。特に起こりやすいのが、右目で見ても左目で見ても両目で見ても視野の半分が突然見えなくなる半盲です。

3. 突然、ろれつがまわらなくなる。言葉がもつれる、話せなくなる、人の言っていることが突然理解できなくなったとき。

4. 中年以降に、今まで経験したことのないような頭痛が起こったとき。くも膜下出血の可能性があります。

5. めまい感、体の不安定、突然倒れるなどの症状。前出の 1 〜 4 の症状に伴って起こった場合は、脳卒中の兆候を疑わなくてはいけません。

◎ t-PA の他にも、脳保護薬のエダラボンは、脳梗塞が発症後、24 時間以内であれば効果が期待できます。発生したフリーラジカルを捕まえて除去する治療薬です。活性酸素が、神経細胞や血管の細胞を傷つけるのを防ぎます。

一過性脳虚血発作 ( TIA ) を見逃さないことも重要です。TIA とは、脳の虚血による局所神経症状が突然発症して、前出の 1 〜 5 のような症状が出ても、 24 時間以内 -- 1 時間以内という考え方もある -- に症状が消失してしまうものです。治療しなくでも一過性で良くなってしまいます。 TIA の多くは、数分から数十分で自然に症状がなくなってしまいます。

◎ TIA をおこした人は、将来、脳梗塞を起こすリスクが高くなります。なるべく早く専門医の診察を受けて、必要なら、予防治療をうけたほうが良い状態です。

ページの先頭へ
*
■脳ドック
◎頭部MRI ( 磁気共鳴画像検査 ) 、頭部MRA ( 磁気共鳴血管撮影 ) 、頭部 X 線検査、CT検査(コンピュータ断層撮影)などで脳の状態を調べます。

◎脳の血管の動脈硬化の状態や動脈瘤の有無、症状が現れていない無症候性脳梗塞 -- いわゆる隠れ脳梗塞 -- などが確認できて、予防治療に通じます。

◎脳動脈瘤は、血管にできたコブ -- 動脈壁の弱くなっている部分が血流によって圧力を加えられて外側に向けてふくらんだもの -- で、破裂するとクモ膜下出血になります。

ページの先頭へ
*

脳卒中 ( 脳梗塞、脳出血 ) の予防のためのサプリメント

◎以下、気になる項目を確認ください。説明とサプリメントの紹介があります。
動脈硬化が気になる_≫こちら
メタボリックシンドローム_≫こちら
ダイエット(肥満)_≫こちら
高血圧_≫こちら
コレステロール値_≫こちら
血糖値が気になる_≫こちら
*
喫煙_≫こちら
*
ページの先頭へ

スポンサード リンク


ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2015 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ

Web www.rda.co.jp

≪血圧が高めの方に・トクホ≫

血圧が高めの方におすすめの「アミール」の錠剤です。4粒あたりラクトトリペプチドを3.4mg配合。

*

最新トピックス


関連トピックス

【寒さで脳卒中のリスクが 3 割増加!】1/14/2015
【毎日 2 枚の板チョコが心臓発作や脳卒中を予防!? 】6/17/2015
【人生の目的が脳組織を保護!?】3/20/2015
【ビタミンB が高血圧の人々の脳卒中を防ぐ!?】3/17/2015
【菜食主義寄りの食事が心臓血管を守り健康長寿につながる!?】3/9/2015
【地中海式食事法は運動より有益!? 心臓病のリスクを半減!?】3/6/2015
【ピーナッツに健康長寿効果!?】3/3/2015
【睡眠時間の増加は脳卒中の注意サイン!?】2/26/2015
【断食が心臓病や認知症を予防!? 】2/24/2015
【週 2 回の運動が心臓病や脳卒中を予防!? 】2/17/2015
【日光浴が脳卒中を予防!?】2/13/2015
【血圧の改善で脳卒中のリスクが半減!?】2/12/2015
【脚立ちテストで脳卒中と認知症の早期発見!?】1/10/2014
【ナッツは長寿食品!?】12/23/2014
【毎日30分の運動が寿命を延ばす!?】12/21/2014
【記憶力の低下は脳卒中のサイン!?】12/12/2014
【 5つの習慣で脳卒中のリスクが半減!?】10/10/2014
【バナナは脳卒中を防ぐ長寿食!?】9/8/2014
【果物が心筋梗塞や脳卒中のリスクを半減!?】9/3/2014
【 1 日 5 分のランニングに長寿効果!?】7/29/2014
【ご飯をたくさん食べても大丈夫!?心臓発作、脳卒中、大腸がんのリスクは増えない!? 】7/12/2014
【トマトが血管を元気にする!?】6/23/2014
【クルミ、ナッツ類が心臓発作を予防!?】6/19/2014
【血圧は低ければ良いわけではない!? 】6/17/2014
【毎日一切れの鶏肉やサケが脳卒中を防ぐ!?】6/14/2014
【運動のやり過ぎは危険!?】5/18/2014
【毎日の果物が脳卒中を予防!?】5/12/2014
【動脈硬化で記憶力、思考力も低下!?】4/22/2014
【甘いペットボトル飲料で脳卒中のリスクが増加!?】4/15/2014
【血圧の制御で脳卒中のリスクが半減 ! 】3/28/2014
【怒りっぽい人は心臓発作のリスク大!?】3/4/2014
【柑橘類が脳卒中を防ぐ!? 】2/17/2014
【ウォーキングが脳卒中を予防! 】2/14/2014
【天候の変化が脳卒中のリスクに影響?】2/13/2014
【魚介類が脳卒中、心臓発作による死を防ぐ!?】1/29/2014
【毎日 2,000 歩が心臓発作と脳卒中のリスクを低減!?】12/22/2013
【食物繊維が心臓発作や脳卒中を予防!】12/20/2013
【 1 日 1 個のリンゴが寿命を延ばす!?】12/18/2013
【 5 つの習慣、特に運動が、知力の低下を防ぎ健康長寿につながる!?】12/13/2013
【「歩く」ことが脳卒中を予防!】11/16/2013
【庭仕事が寿命を延ばす!?】10/31/2013
【食物繊維がメタボを予防、心臓と血管を守る!?】10/21/2013
【健康体重が心臓病や脳卒中を防ぐ!?】10/8/2013
【心臓病や脳卒中に「運動は処方薬と同等」以上の効果!?】10/3/2013
【低脂肪牛乳は血管の健康を保ち、心臓発作や脳卒中を防ぐ!】8/28/2013
【 "徒歩か自転車"で通勤が高血圧、糖尿病を半減!?】8/19/2013
【運動で汗を流すことが脳卒中を防ぐ!?】7/19/2013
【ビールが血管を若返らせ血流を改善、心臓を守る!?】7/4/2013
【十分な睡眠は心臓血管の健康を向上させる!】7/3/2013
【頭皮刺激が脳卒中後の脳機能の回復を助ける!?】6/28/2013
【 7つの習慣が脳卒中のリスクを激減!?】6/7/2013
【「適度の」カルシウムが脳卒中を予防 !?】4/7/2013
【バナナと減塩で高血圧と脳卒中を撃退 !?】4/5/2013
【食物繊維の豊富な食事が脳卒中を予防! 】3/30/2013
【毎日の緑茶やコーヒーが脳卒中を予防!】3/15/2013
【禁煙は、体重に関係なく、心臓発作と脳卒中のリスクを下げる!】3/13/2013
【悪玉脂肪も適度なら健康に「有益」!?脳卒中を予防!】3/11/2013
【やはり長生きのカギは日光浴!?】3/1/2013
【低脂肪より良い脂肪が心臓と血管を守る!】2/26/2013
【脳卒中の予防にも食物繊維!】1/22/2013
【りんごが脳卒中を予防!?】1/20/2013
【紅茶を飲む習慣が脳卒中を予防!?】1/11/2013
【清涼飲料水が脳卒中のリスクを 2 倍に!?】12/26/2012
_≫HOTトピックスつづき

*

スポンサード リンク