アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > 胃痛、ピロリ菌

胃痛、ピロリ菌が心配

■胃痛、胃の不快感の原因 | ■胃痛、胃の不快感の改善のためのサプリメント

胃痛、胃の不快感の原因

■胃の痛みとは
◎胃の痛みは、身近な症状で、つい置き薬などで対処してしまう方も多いのではないでしょうか。急激な痛みや、痛みが強い場合は医師の診察を受けたほうが安心です。みぞおちや上腹部の痛み、いわゆる胃の痛みが胆嚢や脾臓、肝臓の病気の場合もあります。

◎一般的にみぞおち(上腹部中央辺り)の空腹時の痛みは胃・十二指腸潰瘍、食後の痛みや不快感は胃炎、食後2〜3時間たって痛むのは胃潰瘍の可能性があります。

◎胃は強い酸性の胃液(消化液)を出しているため、胃の内側は保護粘膜があり粘液を出して自らを守っています。何らかの原因でこのバランスがくずれると、粘膜が炎症を起こします。これが胃炎です。消化液が胃壁を消化してる(溶かしている)状態が胃潰瘍(消化性潰瘍)です。
胃の炎症、潰瘍の原因は外傷、感染症、免疫異常などがあります。
ページの先頭へ
*
■外傷による炎症
◎暴飲暴食、刺激性食品、熱いもの、冷たいものの食べ過ぎ、お酒の飲みすぎ、喫煙、薬の副作用などです。空腹時に強いお酒を飲むのも危険ですから注意しましょう。ストレス、過労、睡眠不足が原因となる場合もあります。

◎原因を取り除き、胃を休め、薬局で薬剤師に相談して症状にあった薬を利用すると良いでしょう。
*
◎粘膜を保護し、消化性潰瘍を予防するサプリメントにアロエがあります。ビタミンA(βカロテン)は粘膜を正常に保ち、潰瘍を修復する作用があります。また牛乳がヨーグルトなどの乳製品にも粘膜の保護作用があります。飲酒の前に牛乳を飲むと胃壁を守ります。
ページの先頭へ
*
■ヘリコバクター・ピロリ菌
◎感染症として、最も多いのが「ヘリコバクター・ピロリ菌」で、胃炎、胃潰瘍の原因として最も多いものの一つです。胃ガンの原因の 1 つともいわれます。

◎ピロリ菌は胃の内側の保護粘膜の中で繁殖します。ピロリは胃酸に対する胃の保護機能を損ない、毒素を出し、胃潰瘍を起こします。

◎ピロリ感染のある人のほとんどに胃炎がみられますが、ほとんどの場合症状はありません。
◎ピロリ菌は抗生物質で治療できます。
*
◎サプリメントにもピロリ菌に効果があるものが報告されています。ココアのカカオFFA、梅エキスがピロリ菌を減らす効果があること、ホップのポリフェノールがピロリ菌の産生する毒素を強力に中和、無毒化することが報告されています。
ページの先頭へ
*
■ストレスによる胃痛
◎ストレスが多くなると、胃液が出すぎたり、胃の粘膜の表面の血管が収縮し血液の流れの悪いところが出てきます。これが潰瘍につながったりします。

◎ストレスが多いと交感神経が優位になり免疫細胞の顆粒球が増え、健康な細胞まで攻撃し、胃潰瘍などの誘因になったりします。リンパ球が減り、抵抗力が弱まり、ピロリ菌などの最細菌に感染しやすくなります。

◎ストレスをためないようにすること、リラックスタイムをもつなどストレスを解消することが必要です。ストレスとストレスに有効なサプリメントは、_≫「ストレス」を参照。
ページの先頭へ
*
■機能性胃腸症
◎最近、ビジネスパーソンに増えているのが、胃の痛みや胃のもたれ、むかつきなどの不快感があるのに、検査をしても異常が見つからないというものです。

◎胃の伸縮が正常に働かない状態で、胃が常時伸びて膨らんでいるため、食物が胃の中に残っているような感じが、胃のもたれなどの症状となります。原因としては、ストレスや、不規則な食事などの生活の乱れ、過労、アルコールの飲み過ぎなどがあると考えられています。

◎改善には脂っこい食品や、胃を刺激する強いアルコールや香辛料を避け、よく噛んで食べる、規則正しい生活を心がけ、胃の働きを正常に戻すことが大切だとされます。
ページの先頭へ

胃痛、胃の不快感の改善のためのサプリメント

【健胃】
クローブ
ビタミンU
ローズマリー
*
【胃の粘膜の保護、潰瘍の予防】
アロエ
ビタミンA(βカロテン)
赤ワイン・ブドウ種子エキス/プロアントシアニジン
乳製品
*
【ピロリ菌対策】
緑茶
ココア
梅エキス
ホップ
ニンニク
クランベリー
乳酸菌
*
ストレスに有効なサプリメントは「ストレス」の項で紹介しています。
*

スポンサード リンク








ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

関連する目的・症状&サプリメント

参考資料


Web www.rda.co.jp

最新トピックス


関連トピックス

【胃炎や胃潰瘍の薬が、知力の低下につながる!?】12/12/2013
【日本人は胃がん遺伝子の保有率が高く、血液型 0 は十二指腸潰瘍になりやすい!?】3/5/2012
【胸焼けの薬が骨折リスクを高める!】2/1/2012
【イチゴが胃の炎症を防ぐ!? お酒から胃を守る!】10/26/2011
【緑茶が腸を守る!】4/24/2011
【梅がピロリ菌による胃炎を防ぐ】6/14/2010
【コーヒーが苦手ならエスプレッソを!深煎りコーヒーは胃にやさしい!?】3/23/2010
【グルタミンが胃炎と胃ガンを予防!?】5/17/2009
【ワインが食道ガンを予防!?】3/02/2009
【胃ガンの病原菌が口臭の原因!?】11/25/2008
【 H.ピロリ菌の除去が胃がんの再発を予防】8/1/2008
【 H.ピロリ菌の早期の治療が胃がんを予防】5/1/2008
【胃腸症状をもつ人々は頭痛をもつ人が多い】2/28/2008
【胃がんの予防に早期の H.ピロリ菌の除菌が有効】10/4/2007
【日本人は H.ピロリ菌感染で胃がんを発症しやすい体質】9/27/2007
【匂いが腰痛や腹痛、疲労の原因 !? 】9/19/2007
【胃のウイルス感染が、慢性疲労症候群の原因 !? 】9/14/2007
【胃がんの原因のH.ピロリ菌の先祖は深海の微生物】7/04/2007
【胃ガンの原因の H.ピロリ菌は喘息 ( ぜんそく ) 、花粉症などのアレルギーを予防】4/24/2007
【完全主義とストレスが胃腸炎の後の過敏性腸症候群のリスクを高める】3/01/2007
【 『 胸やけ 』 の薬が 『 胸やけ 』 を増加させる】2/19/2007
【胸やけと胃の逆流は体重の増加と喫煙が原因】2/17/2007
【オリーブ油が胃ガンのもとのピロリ菌感染の予防と治療に】2/08/2007
【有史以前から人間は胃潰瘍、胃ガンの原因のヘリコバクター・ピロリ菌とともに生きてきた】2/08/2007
【胃ガンのリスクをビタミンA 、ベータカロテンが半減】2/07/2007
【ナポレオンの死因はピロリ菌による悪性の胃ガン】1/19/2007
【胃の薬が骨を脆くする】12/27/2006
【ピロリ菌は胃ガンを減らす?増加させる?】10/21/2006
【腹痛、下痢、お腹が弱いのは出生時の体重が軽すぎたから、低体重児は過敏性腸症候群のリスクが高い】9/28/2006
【胸やけの薬が慢性心不全の進行を抑える】9/26/2006
【ピロリ菌の感染者は胃ガンのリスクが約5倍に】9/06/2006
【ベーコンなど加工肉が胃ガンのリスクを高くする】8/04/2006
【湯たんぽの鎮痛効果は鎮痛薬と同じ】7/05/2006
【食後の胸やけ、食べた物の逆流は、増えた体重が原因】6/01/2006
【2種類の乳酸菌でピロリ菌の根絶効果を高める】4/11/2006
【胃はウソをつかない? 胃でより高性能なウソ発見器を】11/20/2005
【ブロッコリーの新芽にピロリ菌の殺菌、胃炎の抑制効果】11/2/2005
【漱石もピロリ菌を保持者だった。ピロリ菌がストレス性潰瘍の原因】10/12/2005
【ピロリ菌感染者は花粉症になりにくい】10/08/2005
【梅肉エキスがピロリ菌を減らす】10/08/2005
【緑茶に特定のガンに対するリスク低減効果認めず】7/7/2005
【「ホップ・ポリフェノール」が、ピロリ菌による疾病発症リスクを低減】4/4/2005
【緑茶は女性の胃ガンのリスクを低減】8/19/2004

*

スポンサード リンク