アライブ!サプリメントカフェ

目的・症状 > しみ、美白

***サプリメントのご購入はサプリメント・ショッピングナビ***でどうぞ!!
***日焼け止め、サンスクリーン***
***美白、しみ対策のサプリメント***
***美白、しみ対策のスキンケア***

しみ

■「しみ」の原因と改善策< | ■「しみ」改善に役立つサプリメント

美白と、「しみ」の原因と改善策

■美白
◎美白とは、美しい肌にする「美肌」と、肌の色が白いことを表す「色白」からつくられた造語です。残念ながら、もって生まれた肌の色を変えることはできません。

◎しかし、肌の新陳代謝を促進し、余分な角質や色素沈着を取り除くことで、くすみのない透明感のある美白肌を手に入れることは可能です。またそう心がけることで、しみなどの色素沈着を防ぎ、白く美しい肌を実現することができます。
ページの先頭へ
*
■「しみ」とは
◎皮膚は外側から「表皮」「真皮」「皮下組織、皮下脂肪」の 3 層から構成されます。

◎一般に「しみ」と呼ばれるものは、表皮の一番内側の基底層のメラノサイトが生成するメラニン量の変化によるメラニン色素異常です。

◎基底層でつくられた新しい細胞は、約 28 日間かけて、一番外側の角層へと出て行き、最終的に剥がれ落ちていきます。通常はこの過程でメラニン色素は排出されます。

◎何らかの刺激でメラニン色素が過剰生産され、細胞の新陳代謝が悪いと、メラニン色素が沈滞し「しみ」となります。
ページの先頭へ
*
■「しみ」の原因
【紫外線】
◎一番の犯人とされるのが日光の紫外線です。日焼けによって発生した炎症がメラノサイトを刺激してメラニン色素の生産が過剰になって蓄積されると「しみ」が発生します。オゾンホール問題などで紫外線が強まっている現代では男女・年齢問わずUVケアが重要となっています。

◎紫外線を浴びると一重項酸素という強力な活性酸素が発生します。これも「しみ」の原因となります。抗酸化物質のコエンザイムQ10、リコピン、アキタスサンチンや松樹皮エキスなどが、この活性酸素に対する効果を期待できます。

【女性ホルモンやストレスなども】
◎しみに原因は紫外線の他にも、女性ホルモンやストレス、過労、不規則な生活なども原因となります。

◎妊娠初期や月経前の時期は黄体ホルモンの分泌が増えます。黄体ホルモンは日光に対して皮膚を過敏にさせるため、しみができやすくなると考えられています。

◎ストレスや過労も、色素細胞を刺激するホルモンの分泌を促したり、血行が悪くなりメラニン色素の排出が上手くいかなくなったりして、しみをつくったり目立たせたりします。
ページの先頭へ
*
■皮膚の新陳代謝に必要な栄養素
◎「しみ」を改善するには皮膚の新陳代謝---ターンオーバーを良くすることが必要です。

◎皮膚の最も表面にある角層細胞の成分ケラチンの材料となるのがシステインです。ビタミンC と一緒に摂ると効果的です。他に肌の新陳代謝に欠かせないビタミンC 、ビタミンE 、ベータカロテン、ビタミンB 群(B2、B6など)や亜鉛、MSMなども摂ると良いでしょう。
ページの先頭へ
*
■「しみ」の種類
◎「しみ」の種類は他にも様々あります。治療法が異なりますので、判断に迷う場合は皮膚科を受診すると良いでしょう。いずれもビタミンCなどのサプリメントが役立つといわれています。

老人性色素斑「しみ」
最も多いタイプのしみで、中年以降に顔、腕、背中などにできる境界明瞭な褐色色素斑です。紫外線による皮膚老化が原因です。

雀卵斑(そばかす)
いわゆるソバカスのことです。両頬から鼻にかけて出現する 5 ミリまでの淡い茶色のシミをさします。遺伝的なものが多いのですが、中年以降に出現した場合は、紫外線が原因の小型の老人性色素斑である場合が多いようです。

肝斑
主に 30 〜 40 代の女性の目の下、鼻の上、頬などに顔面左右対称にできる輪郭が明瞭でない淡褐色から濃褐色の色素斑で、眼の周囲にはできないことも特徴です。女性ホルモン異常や紫外線、摩擦などが関係していると考えられていいます。

トラネキサム酸の服用が有効です。赤ワインポリフェノールが有効だという報告もあります。通常のレーザー治療は症状を悪化させますので注意が必要です。最近、肝斑にも使用できるレザー治療が出現していますが、効果は安定していないようです。

炎症性色素沈着
植物、化粧品のアレルギー性皮膚炎、皮膚への摩擦などの慢性の機械的刺激による皮膚炎の後にできる色素沈着です。

遅発性太田母斑様色素沈着
目の下から頬、額の外側に数ミリ程度の点が集まってできるほぼ左右対称のしみで、20歳以降に発生しますが原因ははっきりしていません。肝斑と似ていて、判定が難しいしみです。
ページの先頭へ
*
■「しみ」対策の化粧品の有効成分
◎「しみ」対策の化粧品も多くありますが、代表的な成分を紹介します。いずれのタイプの「しみ」の改善にも医薬品に配合されるトラネミサム酸が有効との報告があります。強力な美白成分として知られるハイドロキノンは2001年に医薬品から化粧品への使用が認められましたが刺激が強いのが難点です。アルブチンはこの配糖体です。グラブリジンはメラニンの合成を抑制することが動物実験で確認されています。

*
ページの先頭へ

「しみ」が気になる方のためのサプリメント

【基本のサプリメント】
ビタミンC
ビタミンE
ベータカロテン
コエンザイムQ10
アルファ・リポ酸
リコピン
Lシステイン
MSM
ビタミンB群(特にB2 B6 ナイアシンビオチン葉酸
亜鉛
イソフラボン
*
肝斑
トラネキサム酸+ビタミンC
赤ワイン・ポリフェノール
*
【抗酸化物質】
SOD(スーパーオキサシドジスムターゼ)
アスタキサンチン
松樹皮エキス、ピクノジェノール、フラバンジェノール
*
【ハーブティ】
ローズヒップ、ハイビスカス
*
【化粧品配合の美白成分】
アルブチン
ハイドロキノン
トラネキサム酸
エラグ酸
グラブリジン(油溶性甘草)
ビタミンC誘導体
*
ページの先頭へ




スポンサード リンク




ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2015 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

しみ

ツボ(指圧)

アロマテラピー&ハーブティ

関連記事

ライブラリ


Web www.rda.co.jp

最新トピックス


関連トピックス

【「夜間用」日焼け止めも必要!? 】2/20/2015
【美白・シミ予防にビタミンC は本当だった!!】5/9/2012
【ブドウが紫外線から皮膚を守る!?】8/1/2011
【コーヒーが顔のシミを防ぐ!?】5/9/2011
【トマトが紫外線から肌を保護、肌の若返りも期待 !! 】4/29/2008
【肌老化を逆転、赤ちゃんの皮膚に若返らせることに成功】11/30/2007
【非常に多くの男女が美容整形に関心】10/28/2007
【ブロッコリー新芽抽出物が、紫外線から肌細胞を守って皮膚がん予防】10/23/2007
【お肌の老化を予防する食事 !! 「あぶら」が大切 !? 】10/21/2007
【しわ取り、アンチエイジング・スキンケア製品を使用する前に知っておきたいこと】7/15/2007
【皮膚のホクロにアンチエイジング効果 !? ホクロの多い人は老化が遅い !! 】7/11/2007
【紫外線は十分でも !? ビタミンD レベルは不足しているかも】7/01/2007
【最高の日焼け止めは太陽に当たらないこと】5/13/2007
【全身の肌老化を、喫煙が促進する】3/20/2007
【シミ・くすみに対する松樹皮エキス (フラバンジェノール)の治療効果】9/14/2006
【体内時計と老化のコネクション。アンチエイジングに良い睡眠を】7/18/2006
【ニンジンのベータカロテンは加熱したり、市販ジュースの方が吸収率が高い】6/18/2006
紫外線が強い季節、あなたの知識、対策は大丈夫?レシャー博士の紫外線IQクイズ6/04/2006
【アロエの成分由来の「AMクロモン」にシミ抑制効果を確認】1/24/2006
【中南米産のワイルドヤムのディオスゲニンに美白効果】12/16/2005
【4割以上の女性が、ストレスで肌のトラブルを経験】12/15/2005
【新美白成分「マグノリグナン」を医薬部外品として承認】10/29/2005
【ビタミンB混合体が日焼けによる色素沈着を抑制】6/24/2005
【老人性シミや肝斑に飲んで直す効果を確認:トラネキサム酸】4/22/2005

*

スポンサード リンク