アライブ!サプリメントカフェ

目的・症状 > 肝臓の健康

サプリメントのご購入は***サプリメント・ショッピングナビ***
*
***マリアアザミのサプリメント***
***ウコンのサプリメント***
***お酒を飲む機会が多い方のためのサプリメント***

肝臓の健康

■肝臓の働きと障害 | ■肝臓の健康に役立つサプリメント>

■肝臓の働きと障害

■肝臓の働き
◎肝臓は腹部の右側上部にある体内で最も大きな臓器です。タンパク質をはじめ、身体機能を維持するための多くの物質の生成が行われています。体内の化学工場とも例えられます。

◎コレステロール合成し、アミノ酸から必要なタンパク質を生成します。βカロテンを必要に応じてビタミンAに変換するのも肝臓です。脂肪を乳化して消化効率を高める胆汁の合成も肝臓の機能です。

◎有害な物質の解毒(代謝)作用も肝臓の重要な働きです。アルコールも肝臓で分解され二酸化炭素と水になって排泄されます。

◎炭水化物、糖質をグリコーゲンとして貯蔵し、必要に応じて血液中にグルコースとして放出し、血糖値を維持し、脳にエネルギーを供給しています。
ページの先頭へ
*
■肝機能障害
◎肝機能障害には、大きく分けて2つの種類があります。1つは肝硬変や肝炎のような肝臓自体の病気。もう1つは胆石や癌などによって、肝臓から分泌される胆汁の流れが胆道で阻害されることで起こる病気です。

◎肝臓は沈黙の臓器ともいわれます。症状が出たときには、すでに病気が進んでいたということも多いといわれます。定期的な肝機能のチェックが大切です。

◎肝臓に負担をかける生活習慣を改善することが必要です。良質のタンパク質を摂り、過度の飲酒が控えるようにしましょう。
ページの先頭へ
*
【肝炎】
◎最も多いのがウィルスによって感染する肝炎です。肝炎にはA型、B型、C型があります。A型は高熱を伴って急に現れますが、B型やC型は食欲不振、吐き気、嘔吐を伴うこともありますが、症状がほとんどあらわれないことも多いため、気がつかないうちに慢性化してしまうことが多いので、要注意です。

◎B型肝炎の感染では関節痛や皮膚にかゆみのある赤いじんま疹が生じることがあります。また肝炎にかかると、喫煙者はタバコをまずく感じるといいます。肝炎は慢性化すると肝硬変や肝臓ガンに移行します。

【脂肪肝】
◎生活習慣----動物性脂肪やアルコールの摂りすぎ、肥満、糖尿病----が原因のひとつといわれるのが脂肪肝です。肝臓に中性脂肪が過剰にたまった状態を指します。これに炎症などが加わると肝硬変に移行しますので、その前に生活習慣を改めて改善を図ることが必要です。

【肝硬変】
◎肝硬変は、アルコールなどの毒性物質により肝細胞の破壊と再生が長年繰り返えされるうちに、細胞が繊維化して硬くなった状態で、肝機能が低下します。繊維化した組織は元に戻ることはありません。肝硬変も初期段階ではほとんど症状がありません。
ページの先頭へ
*
■肝機能に関係する健康診断の数値
【γ-GTP値】
◎γ-GTP(γグルタミルトランスペプチダーゼ)は肝臓の解毒作用に関係している酵素で、この数値はお酒の飲みすぎで肝臓に影響が出ている指標。血中γ-GTP値が高くなる疾患には、肝臓の細胞が破壊される肝炎、肝臓に脂肪が蓄積する脂肪肝などがあり、胆石や胆道ガンなどで胆道がつまった場合にも高くなる。

【GOT値、GPT値】***【AST値、ALT値】
◎GOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)とGPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)は、本来肝臓の細胞の中にある酵素。肝細胞がこわれると血液の中に漏れ出てくる。肝炎ウイルスや薬物などで肝臓の細胞がこわれたのを測る検査として利用される。肝機能が悪くなるとこの数値が上がる。
◎GOT、GPTは、近年、生化学者によって名称が変更され、GOTをAST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)」、GPTをALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)」と呼ぶことが多くなっています。後者が国際的な標準名称になりつつあります。

ページの先頭へ
*

肝臓の健康に役立つサプリメント

【肝臓の保護】
アミノ酸(アラニン、アルギニン/オルニチンシステインメチオニンタウリンギャバ
SAMe/活性メチオニン
*
ウコン/ターメリック/クルクミン
マリアアザミ
田七ニンジン
プロポリス
ホスファチジルコリン/レシチン卵黄油
セサミン(ゴマ)
アロエ
ローヤルゼリー
*
【脂肪肝の予防と改善】
アミノ酸(スレオニン
コリンナイアシン
ホスファチジルコリン/レシチン
*
【アルコール性肝障害】
ウコン/ターメリック/クルクミン
マリアアザミ
システイン
*

注意:。C型肝炎と非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の方は鉄の過剰摂取は危険です。ウコンのサプリメントには鉄分が多く含まれる場合があります。鉄分の含有量が多いか記載のない製品は摂取を避けてください。

ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

肝臓の健康

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp

最新トピックス


関連トピックス

【赤ブドウ、赤ワインが脂肪を燃焼、脂肪肝を改善!?】2/10/2015
【週一でも休肝日が肝硬変を防ぐ!?】1/30/2014
【コーヒーが肝臓を保護!?カフェイン抜きでも有効!】10/10/2014
【脂肪肝、腹部肥満を防ぐには「スイーツ」は間食より食後に!?】5/8/2014
【コーヒーが肝臓ガンを予防!】4/12/2014
【コーヒーが肝臓病の死亡リスクを 7 割減!?】4/4/2014
【魚とナッツがメタボ腹と脂肪肝を防ぐ!?】2/28/2014
【魚油、特に DHA が脂肪肝を予防!?】1/25/2014
【1 カ月の禁酒で体重とコレステロール値が減少、睡眠も改善!?】1/7/2014
【コーヒー・お茶が脂肪肝を防ぐ!?】8/23/2013
【肉食は糖尿病に関係!? 魚油が改善!】6/20/2013
【コーヒーが肝硬変、胆管炎を防ぐ!?】5/20/2013
【魚が肝臓がんのリスクを 3分の1 に!】6/7/2012
【肝臓病でも適度の飲酒はお勧め!】5/17/2012
【大豆タンパク質が脂肪肝を予防・改善!?】4/23/2012
【植物油は肝臓脂肪の増加も防ぐ!?】4/12/2012
【コーヒーは美食による肝臓病と心臓病を防ぐ!】3/13/2012
【緑茶が食事関連の脂肪肝・肝炎を予防!?】12/14/2011
【脂肪肝は寿命に影響しないる!?】11/29/2011
【太っている人は肝硬変のリスクが高い!?】6/8/2011
【頻繁な適度の飲酒は脂肪肝を防ぐ!?】5/30/2011
【お茶を飲む習慣が、肝臓がんを予防!】3/19/2011
【中性脂肪を減らすには低炭水化物の食事が有効!】3/4/2011
【魚油が脂肪肝を予防!!】8/19/2010
【毎日1杯のコーヒーで肝臓ガンのリスクが半減!?】7/17/2009
【赤ワインが飲酒による脂肪肝を予防!? 】10/20/2008
【グラス 1 杯のワインが脂肪肝を予防 !? 】5/31/2008
【ハンバーガー大好きは肝臓にダメージ !? 】2/15/2008
【緑茶が脂肪肝を予防】2/04/2008
【脚が短いと肝臓の機能が低下 !? 】12/18/2007
【鎮痛剤とカフェインを一緒に摂る際は、肝臓に注意 !! 】9/26/2007
【白飯は危険!? 燃えやすい炭水化物は脂肪肝のリスクを高める】9/21/2007
【ガンの成長をビタミンC が止める】9/11/2007
【肝臓ガンのリスクが、太り過ぎ、肥満の人で上昇】9/4/2007
【肝臓の機能の欠陥が、太りやすい人々をつくる !? 】8/05/2007
【コーヒーが肝臓ガンのリスクを低下させる】8/02/2007
【父親から子どもも、B 型肝炎の重要な感染ルート】7/26/2007
【すっぱいサクランボが、コレステロール値、中性脂肪値、血糖値、脂肪肝、メタボリックシンドロームを改善】5/12/2007
【コーヒーが肝臓ガンのリスクを半減。大腸ガン予防には効果なし】4/04/2007
【汗が B 型肝炎の感染ルートに】3/02/2007
【みかんが肝臓ガン、肝臓障害、動脈硬化のリスクを低減する】9/12/2006
【高いコレステロール値が脂肪肝の進行に関与<】9/11/2006
【適度の飲酒でも、太めの人では肝臓のダメージが大きくなる 】7/06/2006
【一般的な鎮痛薬が肝臓にダメージを与える】7/05/2006
【1杯のコーヒーがアルコールから肝臓を守る】6/12/2006
【乳酸菌が肝臓ガンを防ぐ。腸での発ガン物質の吸収をブロック】5/30/2006
【肥満が肝臓にも悪影響〜急性肝炎の経過を非常に悪くする】5/26/2006
【肝ガンにつながる欧米タイプのB型肝炎が急増】12/06/2005
【血中γ-GTP値の高い人ほど心血管死のリスクが高い】11/17/2005
【酸化ストレスが肝細胞の再生力を低下】10/12/2005
【γ−GTPがやや高めは高血圧に注意】10/11/2005
【コーヒーに肝臓ガンの予防効果】1/22/2005

*

スポンサード リンク